熟成させるとまろやかになるのは、ワインだけじゃない!心も味わい深くなっている!

気持ちは吐き出せばいい、というものではないのでは?

熟成を経ると、まろやかに、味わい深くなっている!

 

「悩みがあったら、何でも言ってね!」

 

そう言ってもらえると、とても気持ちが明るくなれそうです。

私自身、そう言ってもらって、実際に相談し、とても心が軽くなった経験もありますし、

逆に、何でも言ってほしい!とも思っています。

 

が、

 

その逆も、また必要なのではないでしょうか?

 

たまったものを吐き出すことは、確かにいいのですが、あまりに焦るのも考えものです。

ためて、ためて、ためておくと、熟成して、まろやかになることもあるように思います。

 

子どもの話を聞いていると、

 

「うーん、聞きすぎても、堂々めぐりになるし、ちょっと待つかな…」

 

とか、

 

「今は、時期じゃないな」

 

と感じることがあります。

 

先日も、口数の少ない、ある女の子が、ふっと、私に言ってくれたことが、私の心に刺さりました。

 

「私は、嫌なことには目を向けない。そうすれば、嫌なことを言ったり、やったりする子も、素直になりやすいと思う」

 

成長したなあ…

 

と感じました。

 

もちろん、この熟成方式には、不安もあります。

本当は言いたいこと、言うべきことを我慢させて、傷を深めてしまう、という危険性です。

 

傷を深めてしまうのか、心の中に留めて、熟成することで飛躍するのか、そのあたりの見極めは、なかなか難しいものがあります。

 

そこで、1つのヒントになるのは、

 

「まずは、一度、言ってみよう、と促す」

 

ことです。

 

初めから、熟成を狙わず、まず、言ってごらん、言うと心が軽くなることが多いよ、と話すことを勧めることが第一選択だと思います。

 

その結果、お子さんが言いたがらないなら、ちょっと熟成が必要です。

もちろん、その都度、様子は見ながら、ということです。

 

言うように促しつつ、待つ時には待つ、という感覚でしょうか。

 

つい、お子さんに話をさせたくて、させたくて、仕方ない、というお母さんには、ちょっと視点を変え、心のゆとりになる話かもしれません。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に