子どもの心を整える、たった1つの意外な方法

多くを語らなくても、本当に魅力があるなら、人は集まる。

逆に言うと、あんまりたくさんしゃべると、かえって人は離れる?

 

 

中国の歴史書である「史書」に、

 

「スモモは何も語らないけれど、その甘さや魅力で人が自然と集まり、道ができてしまう」

(桃李、物言わざれども、下、自ずから蹊を成す)

 

という意味の慣用句が載っています。

 

私は、この言葉がとても大事だな、と思っています。

 

私自身、大いに気をつけなくてはならないのですが、不安な時ほど、言葉が増えます。

 

 

「今日は、どうも子どもが落ち着かないな」

 

と思う時は、同時に、私の言葉も多い時です。

 

どちらが先かは別として、お互いの心の波が共鳴して、言葉が増えてしまうようです。

大人であり、教室の安全を預かる私としては、まず、自分が先に口数を減らす努力をします。

すると、次第に落ち着きを取り戻せることが多いです。

 

また、クラスで子どもたちを見ていても、不安に根ざした口数の多い子は、周りに、何かしらの違和感を与えるようです。

 

これはお調子者のおしゃべりとは、少し違います。

不安が根っこにありますから、何かしら自慢気だったり、攻撃的だったり、自嘲っぽさがあったりします。

 

そんな時、私はその子に、

 

「わかったよ。ちょっと口を閉じてみて」

 

と言い、何か読書なり、勉強なり、他のことに気を向けるように促します。

一旦、気持ちを他に向けて、言葉を止めないと、無用なトラブルが生じることが多くなります。

 

もちろん、私が見ていなければ、そんなことはできませんから、妙にアピール感の強い子は、どうしても、トラブルを抱えがちです。

 

ですから、

 

「そんなことをしなくても、十分、あなたは素敵」

「大丈夫」

 

という心持ちをベースにして、とりあえず、口数を減らしてみることが心を整える秘訣です。

そして、一気に自信をつけてあげよう、などと焦らずに、長い目で関わっていくことが大切です。

 

ご家庭で、お子さんの口数が妙に多かったり、何かしら言葉の端々に、「?」という違和感を感じたら、そんな考え方で、お子さんに接してみていただきたいな、と私は思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に