子育てにつきもののピンチ…それをチャンスに変える、たった1つの秘訣とは?

ピンチはチャンス。

 

言い古された言葉かもしれませんが、時々、思い出したいものです。

 

では、具体的にどうするか。

 

「この子は、このピンチに、何を訴えたいのか?」

 

を考える。

 

 

ピンチこそ、起死回生のチャンスと言います。

私も、教室で、さまざまなピンチと向き合ってきて、そう思います。

 

クレームは、宝の宝庫とも言います。

お客様からのクレームに誠実に対応することは、隠れていた業務の課題に気付き、解決するチャンスですし、お客様との信頼関係を築くチャンスにもなるからだそうです。

 

実際、私自身、ワイシャツを仕立てた時に採寸ミスがあり、お店に相談したことがあります。

その時の対応のよさから、私はすっかり、虜になってしまった経験があります。

 

さて、お子さんのピンチは、私のワイシャツの重要さとは比べるまでもありません。

その子の人生に大きな意味を持つ、ターニングポイントです。

 

もし、今が、「ピンチだ!」と思われるなら、まず、

 

「この子は、このピンチという状況を通して、何を訴えたいのだろう…」

 

と考えてみることをお勧めします。

 

多くの場合、

 

「なんで、こんなことになっちゃったんだろう…」

 

と、悲しくなったり、

 

「誰のせいで、こんなことになったの!?」

 

と、腹を立てたりすることになります。

 

それは、生身の人間の心として、大いに理解できます。

ですから、その悲しさや怒りは、当然のこととして、とことん、吐き出すことが大事ではないでしょうか。

 

ただし、相手は、お子さんにそのことを言わない、直接的な関係の薄い人や、信頼のおける人がいいと思います。

 

そういう感情をぶつけられた相手が、焦って、お子さんにお母さんの不安をぶつけてしまうと、逆効果です。

 

何とか、気持ちを鎮めたら、で構いません。

 

「この子の訴えたいことは何か」

 

これを冷静に考えると、大きなヒントに気付くことがあります。

コツは、誰の責任も問わないこと。

 

一番、気をつけていただきたいのは、

 

「私の育て方のせいで、こうなった」

 

と、お母さんが思わないことです。

 

お子さんの訴えたいことは、多くの場合、急に解決できないこと、相手も関係していることです。

ですから、解決には、少し時間がかかることが多いです。

 

お母さんの目がお子さんに向いている時、それは、「対立」になりかねません。

しかし、お子さんの向いている方に目を向ける時、その関係は、「協力」です。

お母さんの目が、二人の前に向いたことは、あえて言わなくても、お子さんに伝わるのではないでしょうか。

 

子ども達のしでかすピンチは、ヒントに満ちています。

先々、たくましくお子さんが自分らしさを発揮して生きていけるように、

 

「今」

 

のピンチをチャンスに変えたいものです。

 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に