本当の友達ができるまでに、こんなことがあったっていい。

友達がいた方がいいか、いなくてもいいか。

 

 

漫画家の蛭子能収さんが書かれたという「ひとりぼっちを笑うな」(角川新書)が、16刷9万7000部のベストセラーになっているそうです。(産経新聞・自由でいるために、「ひとり」を選ぶ

 

この記事によりますと、以前、LINEのトラブルをきっかけに、女子高生が殺される事件があった時、

 

「なんで、こんなことで殺されないといけないんだろう」

 

「友達同士のトラブルで、もめて殺されるぐらいなら、友達なんていなくていい」

 

と思われ、本を書くことにしたのだそうです。

 

 

悩みとは、どんなものであれ、結局は人間関係の悩みなのかもしれません。

お金の悩みだって、お金がないことなどの結果、発生する人間関係の大変さが深刻なのではないでしょうか。

 

そんなに悩むぐらいなら、人付き合いなんて、いらない。

むしろ、しない方がいい、というような気持ちになるのは、理解できます。

 

しかし、小学校の現役教師として、私は、友達の存在は、成長に不可欠だと思います。

いや、確信しています。

 

中学年にもなると、子ども達は、親や教師の大人の権威・価値観への挑戦をします。

反抗期、というよりも、挑戦期とでも言った方がいいのではないかと、私は思います。

 

そして、友達同士の関係性の中で、たくさんのことを学びます。

大人にとって、都合のいいことも、悪いことも…

 

ですから、大人にとって、都合の悪いことを避けようとして、大人が友人関係をコントロールしようとすると、子ども達は、友達関係の重要さをよくわかっていますから、大人をごまかすようになってしまうでしょう。

 

そんなわけで、子どもにとっての友人関係は、大人が思う以上に重要です。

 

でも、もちろん、そんなにバランス良くできるものでもありません。

ちょっとしたことに、過敏になりやすいものです。

 

「あ〜もうダメだ…もうひとりぼっちでいるしかない!」

 

などと、思いつめてしまうこともあると思います。

 

そんな時、蛭子さんの語る「一人でいる極意」は、心の支えになるのかもしれません。

 

ただ、「一人でいい」ということばかりに目を向ける必要はありません。

多くの場合、本当は仲良くしたいけど、うまくできない、思い通りにいかない、ということが根っこにあると思うのです。

 

だとしたら、初めから一人でいい、というのではなく、自分のホンネに正直になり、落ち着いて自己主張をした上で、一人になったなら、それはそれでいい、という「一人でいる極意」が大事なのではないかと私は思います。

 

興奮せず、落ち着いて自己主張のできる子は、結局、みんなから一目置かれます。

いざという時、頼られることも出てくるでしょう。

そうすると、結局、友達とうまくやれるようになっている、というわけです。

 

友達がいた方がいいか、いなくてもいいか。

 

その問いに対する私の答えはハッキリしています。

 

「友達は、いた方がいい。いや、いなくてはならない」

 

でも、本当に安心できる友達ができるまでの間には、一人になってしまうこともあっていい、ということではないでしょうか。

 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に