困りごとが起きた時に、思い出してほしい「心の持ち方」とは…

困りごとが起きた時の心の持ち方…


「あ〜今でよかった。」


トラブルは、早い方がいい。





はしかは、大人になってから罹ると大変です。


大人になってからの方が重症化しやすく、肺炎やら、後遺症やらのリスクも高まると聞きました。


病気だけではなく、トラブルや困りごとは、早いうちにしておくと、後がラクかもしれません。



子どもは、とても心が柔らかいので、大きな失敗や苦しみも、文字通り、大人が抱きしめてあげられるうちにしておいた方が、回復も早く、心の免疫力もアップします。


しかし、小学生でも、5年生以上、6年生ともなると、もはや、大人のような考え方、感じ方をする子も多いですから、トラブルのダメージも大きくなります。


そう考えると、小さいうちにトラブルが多いなら、


「なんて、運がいいんだろう!」

と、いうこともできると思います。

そして、そのように前向きに捉えるで、ずいぶん、その後が変わると思います。
とはいえ、困りごとが起きた、その時、その時は、なかなか、そうは思えないと思います。


まして、相手のいる人間関係トラブルなら、なおさらです。


しかし、本当はお分かりだと思いますが、大人になったって、トラブルはあります。


むしろ、トラブルのないまま、大人になってしまうのは、それは、むしろ、大問題でしょう。


困りごとが起きた直後には、思えないと思いますが、少し落ち着いたら、



「いずれ、向き合うことなんだから、今でよかった!」


と、とらえることは、困りごとを成長のステップに変えます。
発想を転換するヒントです。


ただし…

何事にも、タイミングというものがあります。


今まで困りごとがないからと言って、焦ってトラブルを起こさせようとしてはいけません。


心を開いて、心の準備だけしておくと、その子にとって、最もふさわしいタイミングで、ふさわしい困りごとが起きます。


それから、対応するという余裕も大切です。


そう考えると、高学年や中学生、ともすると、成人してから、困りごとが起きたとしても、それは、それで、遅くて困るのではなく、その子のタイミングなのだと思います。


---------


〜講演・取材・コメント・執筆のご依頼〜

こちらのフォームから、お願いいたします。

<講演につきまして>


基本的には、土曜日・日曜日・祝日に限らせていただいておりますが、

よろこんで、全国どこにでも参ります。

料金は、対象・人数・時間・ご予算によって、相談させていただきます。


〜母親向け事例〜

・「怒鳴ってしまう、その前に!心を鎮める3つのヒント」

・「お母さん!あなただからこそ、お子さんを輝かすことができます」

・「お子さんをプレッシャーから守る言葉かけ」

など


上記以外も、趣旨を伺い、よりよい時間になるよう、ご一緒に考えさせていただきます。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に