親の見栄でも、都合でも、大歓迎!どうせなら、真剣に!

親の見栄でも都合でも、大歓迎。

ただし、それが真剣なものならば…

見栄を張ってはいけません。
ありのままの自分を大切に。

親のペースで物事を進めてはいけません。
子どもの実態を受け止めて。

確かに大事だと、思います。
もちろんです。

が、ありのままの自分って、何でしょうか?

子どものちょうどいいペースって、どれぐらいでしょうか?

まして、成長途上の子どもにとって、何がありのままでよくて、何が必要なしつけや指導なのでしょうか?

私の話で恐縮ですが、私は洋服選びが大好きで、ありたいイメージを決めてから、どんな服が必要か、というような感覚で、お店にいそいそ出かけています。

中でも、新宿・伊勢丹のメンズ館は、最高の教科書です。
しかも見るだけなら、無料です。

思えば、私は、小学生の頃から伊勢丹にしょっちゅう行っていました。
アレルギー性鼻炎のあった私は、耳鼻科にかかるとなると、母の仕事の都合で、いちいち、四ツ谷に呼び出されていました。

そして、帰りは丸ノ内線で新宿三丁目まで行って、伊勢丹で何やら買い物に付き合わされるのが常でした。

あの頃は、それが嫌で嫌で仕方なかった…

友達と校庭で遊んでいる方が、よほど楽しかったし、着せ替え人形なのか、罪滅ぼしなのか、たまに買ってもらった洋服も、適当なTシャツなんかの方が魅力的に思えていました。

が、大学生になり、女の子の買い物に付き合っても、ちっとも嫌でない自分に気づいたのです!

これは本当に驚きでした。

買い物に付き合う免疫…
長いトイレを待っていられる免疫…

思いもよらない、「力」が育っていました。

母の都合で、いちいち四ツ谷に呼び出すことは、はっきり言って、親の都合ですし、
母の好みで、洋服を着せること、しかも伊勢丹で、というのは、おそらく見栄もあったと思います。

が、それが10年、20年たって、私の重要なアイデンティティの1つになっていた…

何がいいのか、悪いのか、判断するのは難しいようです。

ただ、1つ言えることは、私を四ツ谷に呼び出すこと、帰りに伊勢丹に寄ることに、母は、何らの罪悪感も、良心の呵責も感じていなかったようだ(ちょっと言い過ぎかもしれませんが…)、というのが、私に良かったのではないか、ということです。

感情は伝染します。

「あ〜申し訳ないな〜」
「う〜ん…こんなことさせたら、かわいそうだな…」

などと思っていたら、それは必ず、子どもに伝わっているものです。自覚できているかどうかは別として…
ですから、子どもに接する時は、親の都合、万歳ですし、親の見栄、万歳だと私は思うのです。
ポイントは、真剣かどうか、そこにあるのではないでしょうか。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に