お子さんのことが歯がゆく思えるお母さんへ 何をさせたいと思われますか?

北風と太陽の物語で、一番、重要なのは、何だと思いますか?

 

私は、「よし、この旅人の外套を脱がそう!」と決めたことだと思います。

北風流ががいいか、太陽流がいいかは、どうでもいい。

 

つまり、方法論よりも、何をしようか、させようかと、決断することこそ、重要なのではないでしょうか。

 

 

かつての私は、「北風」そのもので、怒鳴ることもしばしば、子ども達にたくさんの要求をしていました。

 

しかし、今の私は、どちらかと言うと、「太陽」のやり方を好むタイプだと思われているようです。

(思われていたいです…かな?)

 

変わった結果、成果は…

 

あまり、変わりませんでした。

 

むしろ、何をさせるか、要求するかを迷っているかいないか、ハラを決めているか、いないか、ということの方が、決定的な要因だと思います。

 

 

私自身、先生は北風のようでなければならない、と妙に思い込んでいたこともあり、かつては、「北風」で「あろう」としていました。

 

しかし、どうもしっくりいかない…

 

そこで、ある時から、言葉遣いも丁寧にし、男女問わず、さんをつけて呼ぶのを普通にし、できる限り、決めつけずに、話を聞き出すよう努めるようになりました。

 

そのおかげで、

 

「先生の優しさのおかげで、~」

 

と、言っていただけることもあり、嬉しいものです。

 

しかし、さすがにそれで有頂天になるほどではありません。

当然、反対の見方・声もあるわけです。

 

「先生が甘いから、こうなるのよ~」

 

本当にそうだな、と思うこともあるし、

 

「いや、そんなことはありません!」

 

と言いたくなるようなこともあります。

 

子どもも、保護者も、同僚も、それぞれの立場で、それぞれの反応を示します。

それらの1つ1つに、意味も、価値もありますが、それらの反応を気にして動くと、ロクなことはありませんでした。少なくとも、私の場合は…

 

「私」という人間の全てをかけて、「これは要求する」と、覚悟を決められたことは、子どもにその気配が伝わるようです。

 

 

「太陽」方式に変えて、劇的に変わった!なんてことはなく、

一方で、「北風」方式が、すごくよかった、なんてこともなかった…

 

むしろ、方法論なんかより、

 

「よし、今日は4ページ進むぞ!」

 

とか、

 

「今日は、この子と向き合おう!」

 

などと、こちらの覚悟を決めるかどうかの方が、よほど大事なんじゃないか。

 

怒鳴ろうと、ほめようと、見張っていようと、見守っていようと、それなりに、子ども達は動いてくれました。

 

まずは子どもに何を要求するか、固まっていますか?

 

それが決まってから、方法を探し求めてもよさそうです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に