選ぶな!選ばれるんだ!選べると思うから、苦しい。

ボールに選んでもらうんだよ!

自分が選択できる、しなくちゃいけないと思うから、苦しい。

向こうから選ばれるんだから、どうでもいいか。


体育の授業…
今日はボールだよ!

とっても、喜んで、ボールかごに集まる子ども達ですが、集合に時間がかかり、せっかくの練習時間が減ってしまいます。

それはなぜか…

少しでも、いいボールを選ぼうと思うから。

もちろん、空気の抜けたボールは、困ります。
でも、万が一、あまりに弾まないボールに当たったら、それから交換すればいいのです。

でも、少しでも、少しでも、と選ぼうとするから、選べない。ムダなケンカになる。時間が減る…時には先生が怒る…

私は、ボールかごに群がって、ぐいぐいボールを押して、確かめている子達に、こう言いました。

「ボールの方が君たちを選ぶから、手にくっついてきたのを持ってきて〜」

え〜

と言いながらも、あっという間に、子ども達はボールを決め、戻ってきました。

もちろん、弾まないのがあったら、変えるか、空気を入れてあげるから大丈夫だよ、と言葉を重ねます。

少しでもいいモノを!

私にだって、そういう気持ちはあります。

おそらく、そのホンネは、他の人より、損したくない!というところにあるのでしょう。

私は、吉祥寺や三鷹でスターバックスコーヒーに、よく入りますが、ご承知の通り、夜や早朝以外、席は、取り合いです。

三鷹のスターバックスに至っては、6時半の開店時、列ができているぐらいですから…

でも、そこで、何とか席を取ろう、と思って、力んでも、意味ないなぁ、と思うようになりました。

スタバの方が、私を呼んでくれるなら、席はある、と思っていると、不思議と、席はあります。

無くても、ハラが立ちません。

論理的に言えば、私の経験上、スタバのお客さんの動きには、波があるようです。ある瞬間、長蛇の列でも、5分もすると、空席がいくつか出て、またしばらくすると、席が埋まり、列ができます。

あるいは、列がすごくても、席は空いていたりします。

なので、単純に、タイミング次第なのです。

何とか、スタバで座ろう!
とするから、ハラが立ちます。

スタバの方が、私を呼んでいるか、いないか、と考えた方が気がラクです。

子ども達は、毎日、自分の勉強のこと、課題のこと、友達のこと…思うに任せないことに、ぶつかります。

苦しい時は、ハラも立てます。

そんな時、その解決を手放すことを大人が示してあげると、結局、子どもは気持ちをラクにできます。

だから、解決するために何かをできるようになります。

あるいは、機が熟すまで、じっくり待てます。

これは、スピリチャルな話ではなく、子どもの心を軽くするコツです。

いつか、試してみてください。






ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に