ついに公開。モテて、愛されて、応援される子を育てる極意。

ついに公開。モテて、愛されて、応援される子を育てる極意。


自分のしてほしいことだけを言う、する。


当たり前でしたか?

しかし、言うは易く行うは難し、ですよね?

失敗した時、あなたは、どうしてほしいですか?

・優しく、どうしたらいいか、教えて欲しい。

・厳しく、何がダメかを教えて欲しい。

・自分なりのやり方を見守って欲しい。

どうでしょう?

どれもいいと思います。
まずは、あなたにとって、心地いいことが大切です。

実のところ、ほとんどの子どもは、失敗した時は、怒鳴らずに、優しく、具体的にどうしたらいいかを教えてあげる方が、力を伸ばせるとは思いますが、時には、厳しく怒鳴ることがあったって、いいと思います。
私自身なら、ほとんどは、優しくして欲しいですが、明らかに慢心して、想定通りの失敗をしたなら、怒鳴られた方が、気がラクな時もあると思います。

この当たり前の極意は、お子さんに何かを伝えたい時、決め球になるでしょう。

子どもは、叱られることよりも、長いお説教がイヤなのです。

ですから、何かやらかした子どもには、

「そんな時、あなたなら、どうして欲しい?」
と聞いて、考えさせるのが一番です。

そして、必要に応じて、子どもが答えたことを実際にできるように、サポートしてあげると、最高ですね。

何が良くて、何が悪いかは、多くの場合、子どもは、わかっています。
だからこそ、言葉で追い込まず、考えさせる、心のスペースを大切にしたいものです。

自分のして欲しいことを相手に言ったり、やったりできる子は、当然、友達も多くなり、愛されます。

つまり、モテることになり、応援してもらえますよね。

この当たり前の極意は、まず、大人が、少しずつ、実践していきたいものです。

〜講演・取材・コメント・執筆のご依頼〜

こちらのフォームから、お願いいたします。

<講演につきまして>


基本的には、土曜日・日曜日・祝日に限らせていただいておりますが、

よろこんで、全国どこにでも参ります。

料金は、対象・人数・時間・ご予算によって、相談させていただきます。


〜母親向け事例〜

・「怒鳴ってしまう、その前に!心を鎮める3つのヒント」

・「お母さん!あなただからこそ、お子さんを輝かすことができます」

・「お子さんをプレッシャーから守る言葉かけ」

など


上記以外も、趣旨を伺い、よりよい時間になるよう、ご一緒に考えさせていただきます。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に