好きなことが見つかれば、うまくいく。しかも、お母さんが…

好きなことが見つかれば、うまくいく

 

 

「好き」であることは、とても大切です。

好きなことなら、やめろと言われても、やめたくありません。

 

先日も、国語の授業で物事の違いをハッキリさせる文を書くために、好きな題材を選んだのですが、休み時間になっても、やめない子が何人もいて、実感しました。

 

もちろん、嫌なことなら、やれと言われても、やりたくありませんよね。

その例は、あえて挙げるまでもなく、おわかりだろうと思います。

 

とはいえ、話はそう、単純なことでもなさそうです。

 

日本人の国民性もあるのかもしれませんが、好きなこと、強く言えば、欲望やホンネをあからさまにすることは、はばかられる精神文化があるように思われます。

 

「好き!」とはっきり言うのは、何となくはしたない。

 

「こんなのが好きって言ったら、バカにされるかな…」

 

3年生以上なら、かなり意識していることです。

本当は、どんなことでも、好きなことは、強みなのですし、それをオープンに言い合える雰囲気が大事だと思いますが、なかなか、そうもいかないようです。

 

友達同士なら、まだしも、

 

「お母さんに、こんなのが好きなんて、絶対怒られるから言えないよ~」

 

と、妙に気遣っている子もいるようです。

 

それでも、「好き」の力は、人を笑顔にします。

 

「好きな物語、本、映画、テレビ番組」というテーマで、話をしていたところ、話が盛り上がり、しかも、好きな話ですから、自然と笑顔にあふれているのに気がつきました。

 

とはいえ、「好き」に正直になるためには、練習が必要なのかもしれません。

冒頭でご紹介した、先日の国語の授業ですが、好きな題材を決めるのには、実は、けっこう時間がかかったのです。

 

初めは、うーん、と頭を抱えている姿がほとんどでした。

 

そんな時、私は、自分の好きなことで、黒板に例を挙げていきました。

ちなみに、旅行が好きなので、ハワイとイタリアという二つについて、どんどん書きました。

すると、子ども達も書き始め、気付いたら、どんどん、熱中していました。

 

子ども達の「好き」を深めることは、とても重要なことです。

しかし、意外なことに、「好き」を深めるのには、練習やパートナーが必要なようです。

ぜひ、お母さんご自身が、ご自身の「好き」を大切にしてほしいと思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に