気持ちの切り替え上手は、友達作り上手

気持ちを切り替えることが上手な子は、友達作りも上手なようです。

 

では、切り替えのコツは?

 

 ・体を動かす

 ・待つ

 

ということだと私は思います。

 

 

 ひとたび、不機嫌になってしまうと、おさまるまで大変…

 

そんなご経験が、あるかもしれません。

 

当の本人が一番、辛いのですが、お母さんの立場でも、やはり辛いものでしょう。

 

 

 

「正直、めんどくさいです…」

 

 

 

とおっしゃったお母さんもいらっしゃいました。

 

 

 

早く気持ちを切り替えることは、とても大事なことだと思います。

 

 

さて、では、どうすればいいか。

 

一つには、体を動かすことです。

公園など、広い所に行くのが一番いいですが、そうもできないことの方が多いでしょう。そうであれば、室内でのちょっとしたおふざけでもいいのです。

 

体を動かすから、気持ちが明るくなります。

明るくなったから、体を動かせるのではありません。

 

教室でも、ちょっとした腕を動かす運動を入れるだけで、急に集中力が上がることがあります。もちろん、やりすぎれば、ざわつくこともありますから、加減は工夫が必要ですが、少しだけでも動くことで、気持ちはずいぶん、変わります。

 

そして、もう一つには、待つことです。

黙って見守る、という言い方もできるでしょう。

 

もう、何も受け付けない!

というほどに、心のふたが閉じているなら、黙って見ているほかありません。

あの手この手は、かえって逆効果になるように思います。

 

その子なりに、気持ちの整理をつけるのに、時間もかかるのです。

大人のペースと子どものペースは違います。

大人の都合が優先される方がいいと私は思いますが、こと、心については、人それぞれ、ペースの違いを受け止める必要があるのではないでしょうか。

 

私の勤務する学校には、「読み書きの時間」というものがあり、写経のように、いい本を書き写したり、音読したりする時間があります。

 

そういう、個の作業に没頭する時間を経ると、子どもの気持ちは、ずいぶん安定していることが多いようです。休み時間、けんかして戻ってきた子も、私が横に座って、写し書きに取り組んでいるのを見守っていると、次の休み時間には、もう、ケロっとしていることがほとんどなのです。

 

「あ、さっきのケンカ、どうする?」

 

と聞くと、

 

「もう、大丈夫!」

 

と、校庭に走って行ってしまいます。

私にとって、子どもの心のたくましさを感じる、いい瞬間です。

 

気持ちの切り替え上手な子は、機嫌悪さをひきずらないので、友達もできやすいでしょう。

気持ちも明るさを保ちやすいでしょう。

 

初めは、手間や時間がかかるかもしれませんが、長い目で見て、案外、大事なことなのではないかと思います。

 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に