静かにすべき時に、子どもを静かにさせるために、試してほしい、たった1つのこと。

静かにさせたい時ほど、自分の声を小さくする

とあるお母さんから、お話を伺っていて、
「こんなお母さんには、なりたくない!」と強く思っていたのが、
〜電車など、静かにすべきところで、子どもを怒鳴っているお母さん〜
だったそうです。
それなのに、ある時、怒鳴ってしまった自身に気づき、愕然とされた、と伺いました。
私は、「怒らない先生」ということを自称していて、それを言うたび、子どもたちは、
「ないない〜」
と笑うのですが、怒鳴りたくて怒鳴っている人は、表層の心理としては、いないのではないかと思います。(逆を言えば、一段、深い心理では、怒鳴りたくて怒鳴っているということでもあります…)
さて、静かにすべき時なのに、静かにしない我が子…
多くの人々は、そんなに気にはしていなくて、大変ね〜という眼差しなのだと思います。
が、うち、何人かは、
「しっかり叱ってよね〜」
とばかりに、悪意の感じられる眼差しを向けてきたり、あるいは、舌打ちでもして、嫌な感じを伝えてくるかもしれません。
そこで、気持ちが焦ると、余計に子どもは静かにならないのではないでしょうか。
学校でも同じです。
式典や礼拝(私の勤める学校はキリスト教主義なので、毎週礼拝があります)など、静かにすべき時に、教師が焦ると、さらに静められなくなってしまうのです。
そんな時は、落ち着いて、大人が声を小さく、できれば低くすることが大切です。
それだけで、ずいぶん、子どもの声は静かになります。
そして、自分の気持ちが落ち着きます。
ぜひ、試してみてください。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に