子どもに都合の悪いことを伝えるヒント

言う時は、結論だけをゆっくり言う。

 

相手を傷つけまい、とホンネをオブラートに包んでしまったり、

言うは言っても、あれこれ言い訳をつけてしまったり…

 

そんなことはありませんか?

 

私の例で言えば、宿題の量を今日は増やそうかな…と思ったとします。

でも、昨日もちょっと多かったし、かわいそうかな…などと思うこともあります。

 

そんな時は、増やすか、そのままか、の二択しかないのです。

お預かりしているお子さんの成長を考え、どちらかを選ぶしかないのです。

 

すると、やっぱり、やっておいた方がいいかな、と、宿題を増やす決断をすることになるでしょう。

そうしたなら、

 

「今日の宿題は、これと、これと、これです」

 

のように、結論だけをゆっくり、しかも端的に伝えなくてはいけません。

 

「え〜!」

 

という子ども達の顔や反応を想像して、

 

「本当は嫌なんだけどね、隣のクラスもそれぐらいだからさ」

 

と言い訳を付けたしたり、

 

「それぐらいできなくて、どうする!」

 

などと怒ってしまったりしては、子どもは素直に取り組めません。

 

また、負い目があると、言葉が早口になりがちです。

それも、子どもにとっては、やらなくてもいいかな、と思える要素になるようです。

 

子どもにしてみれば、都合の悪いことを言われるのは、そもそも嫌です。

それは当然のことです。

でも、言われるのは当然、とも子どもは思っているような気がします。

 

にもかかわらず、子どもが素直に動かないのは、

 

・本当にやり方がわからない

・やらなくてもいいと思っている

 

のどちらかです。

 

大人の言葉や態度に、いい加減さや自信の無さを感じると、子どもはやれません。

100パーセントの自信など、なかなかあるものではありませんが、

結論だけをゆっくり伝えることで、子どもには大人に自信があると感じられるようです。

ぜひ、あれこれ足さずに、結論だけを伝えてみてください。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に