子どもの心に、温かい「意味づけ」というタネを植えてみませんか?

お母さん!

お子さんの心に、温かい「意味」を植えつけてみませんか?
きっと、明るい花が咲くと思います。
意味づけって、大切だと私は思います。
今日、私は学校からの帰り道、いつものスタバに入り損ねて、正確に言うと、狭い席が何となく嫌で、ドトールに入りました。
しかし、ドトールでも広めの席はいっぱいで、出入り口近くの、ドアが開くたびに寒風の入る、狭い席だけでした。
にもかかわらず、何となく、そこが気に入り、カフェラテを飲んだのですが、ふとその時、ミラノのバールで、エスプレッソを立ち飲みしたことを思い出してしまいました。
ちょっと狭いスツールに、半分腰かけたような感じでいたことで、ふと記憶が湧いてきたようです。
すると、三鷹のドトールが、ミラノの古びたバールになってしまったから不思議です。
こういうことは、学校でも、たくさんあります。
教科書を忘れた、とある男の子。
また叱られる〜とご機嫌斜めになりました。
というよりも、彼は、人一倍、自分を責めてしまうのです。
私は黙って見ていましたが、
「後ろの席に行って、あの子に見せてもらいな」
と言ってみました。
彼は、その子が好きだったんですね。
スッカリ気分も直り、授業にも落ち着いて、参加していました。
自分を責めてしまう嫌な出来事のはずが、好きな子とコミュニケーションのチャンスでもあったわけです。
また、私の勤める学校では「労作」と言って、学校をきれいに整備する活動があるのですが、そんな時、ゴミ拾いと言わずに、「鑑識活動だよ」と言ってみました。
「犯人の痕跡をチリ一つでも探さないと〜」
と話したところ、勝手に刑事役やら、鑑識役やらをやって、ワイワイ楽しんで、あっという間にゴミがなくなりました。
正直なところ、私自身も、前向きな時ばかりではありません。
明るく意味づけをできずに、イライラしてしまうことも、あります。
毎日、大忙しのお母さんなら、なおさら、そんなに理屈通りにはいきませんね。
5回のうち1回でも、10回のうち1回でも、明るく意味づけをできたら、お母さんの笑顔も増えるのではないかと思います。
お母さんの笑顔ほど、お子さんを力づけるものはないのです。
お母さんが笑顔で、お子さんの心に、温かい意味づけというタネをまけば、親子で明るくなれる花が咲くのではないでしょうか。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に