子どもの少ない今だからこそ!少人数で、大切に育てる?大人数で、もまれて育てる?

子どもの少ない今だからこそ!

・少人数で、大切に育てる?
・大人数で、もまれて育てる?

どっち!?


ベネッセの教育情報サイトに、
「少人数クラスで、子どもも保護者も安心?」
と題した記事が掲載されていました。

山形県や大阪府のデータによると、遅刻や不登校が減少した、とのことで、現在は低学年時の少人数学級を高学年にも広げるべき!との意見が紹介されていました。

私個人は、この意見に賛成です。
私の勤務する小学校では、すでに24人学級を導入しています。

その効果は、必ずしも、目に見えるものばかりとは思いませんが、かつての40人学級時代とは比べられない程、子どもとの時間が濃密になったと、私は感じています。

であるならば、私の勤務する学校の受験者数は、激増してもよさそうなものですが、現実には、かつてと、あまり変わらない志願者、入学者数に安定しています。

それは、お母さん方の話を聞いてみると、

「こんな少子化時代に、一人っ子の我が子を、そんな温かい環境に置いたら、ダメになる」

という恐れがあるのだそうです。

なるほど!
そういう考えもできるわけです。

私は、人数の多少はともかく、小学生や幼稚園児のような時は、温かい環境で、目をかけられて育つことが、大きくなった時の芯の強さにつながると考えています。

小さいうちに、愛されているから、大きくなって、人を愛せるのではないでしょうか?

大学入試の考え方も、大きく変わろうとしている今、インターネットの普及で、まさに知識詰め込みの価値が大きく減っている今、私は、温かい環境を提供することの価値は増していると思います。

が、そうは言っても、受験社会を勝ち抜くために、ぬるま湯はダメ!と言いたくなるのも、理解できるわけです。

あなたはどう思いますか?
お子さんが自分らしさを発揮して、お母さん自身も、気持ちを明るく過ごせる毎日は、どんな環境でしょうか?

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に