お子さんに「心配しすぎ!」と言われた時の処方せん

「もう、心配しすぎ!」とお子さんに言われたら…

 

1.自分が子どもだった時の気持ちを思い出してみましょう。

 

2.子どもの都合を考えてみましょう。

 

 

教室で子どもたちと話していて、お母さんの話になると、よくあるのが、

 

「ウチのお母さん、いつも、しつこく心配してくるから、イヤ!」

 

ということです。

 

一生懸命なお母さんです。

お子さんのことが気になるあまり、細々、話を聞きたくなってあたりまえだと私は思います。

 

とはいえ、子どもの立場に立てば、しつこく言われたのでは、素直に言いたくなくなるのも理解できます。

 

「あ〜あんまりしつこく聞くまい、聞くまい」と思っているのに、つい聞いてしまうご自身を何とかしたいと思われるのなら、

 

まず、ご自身が子ども立った時のことを思い出してみませんか?きっと、一度や二度は、

 

「お母さん、しつこいな!」

 

と言いたくなった(言ってしまった)ことがあるのではないでしょうか?

 

大人は、子どもだった時の気持ちを、覚えているようで、覚えていません。

自分だってかつては子どもだったのですから、子ども時代の気持ちを思い返すだけでも、気持ちを収めるチャンスになるでしょう。

 

次に、子どもの都合を考えてみることです。

 

友達のことを言いたくない、大きな揉め事にしないでほしい…

 

など、子どもには子どもの都合があるものです。

ダメなものはダメですが、もう一言、かぶせる前に

 

「この子にも、いろいろあるんだろうな…」

 

とワンクッション置くことができれば、お子さんが素直になれる可能性も広がると思います。

やはり、自分の気持ちを察してくれると嬉しいものです。

それは大人も子どもも、同じでしょう。

 

「もう、お母さんったら、しつこい!」

 

という言葉は、子離れ・親離れの1つのサインかもしれません。

であればこそ、ご自身の過去を振り返り、また、今のお子さんの気持ちや状況を察してみることが重要だと思います。

 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に