復習よりも予習?基礎よりも応用?どっちなの!?

〜お知らせ〜
今日から、音声メッセージの配信を始めました。
アンソレイユでは、毎週日曜日の夜に、自分らしさを活かすためのメッセージをお送りしてきましたが、このメッセージを音声でお送りしてみることに挑戦してみようと思います。
今日の発行は、もう済んでいるのですが、もし、ご希望の方がいらっしゃいましたら、下のリンクからご登録ください。できるだけ早く、今日のメッセージをお送りします。
「自分らしさ」を活かすメッセージ 登録はこちら
さて、今日の記事です。

 

 

予習と復習では、復習が大事ですが、予習の方がいいこともある。

基礎と応用では、基礎が大事ですが、応用の方がいいこともある。
授業の時は、何となくわかった気になっていても、実は身についていないということは、よくあります。
ですから、焦って先取りばかりしないで、その日、学んだことを少しでもいいから、復習することが大事です。
一方で、何事も先にわかっていないと不安がる子には、予習が安心材料になることがあります。
心配性な子なら、その心配なポイントを解決してあげることで、安心して取り組めるのです。
さて、同じように考えた時、基礎と応用では、基礎が大事だと思いますが、中には応用から入った方がいいこともあると私は思います。
できないことへの不安感がなく、むしろ、やりたい!できるようになりたい!と、ある意味、落ち着きのないような子の場合、初めに難しい問題に挑戦させてあげることがやる気を引き出せることがあるようです。
そうなると、もちろん、初めは基礎的な部分の取りこぼしが生じることもあるでしょう。
ただでさえ、落ち着きがないのですから、簡単な問題を間違えることも目につくかもしれません。
それでも、応用問題にやる気を感じているなら、応用問題を多めにしてもいいのではないかと思います。やる気が持続することは、とても大事だと思います。
子育てや教育には、いろいろな考えがあり、いろいろな前例があります。お子さんにとって、何がいいのか、それは、「今」のお子さんをよく見るしかなさそうです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に