お母さん!お子さんがうまく話せなければ、代わりに言ってあげていいのではありませんか?

うまく説明できない時は、お母さんが代わりに言葉にしてあげる。 


特に低学年の男の子のお母さんに言われることが多いこと。 

「ウチの子、何を言ってるか、ちっともわからないんですよ。」 

同感される方もいらっしゃるでしょう。 
しかし、 

言いなさい! 
言いなさい! 

とお子さんにハッパをかけたところで、なかなか簡単ではないことが多いようです。 

お子さんがお母さんに話をしたがらないのには、いくつか理由があると思います。 

例えば、叱られなくない、痛くもないハラを探られたくない、というような理由を考えてみます。 

お母さんが責めている気持ちは全然ないのに、子どもは子どもで、どうせ責められる!と勝手に不安がっていることも多いですね。 

また、言いたくないわけではないけれど、どう言っていいか、わからないこともあります。 

とすると、お母さんとしては、この子の国語力は大丈夫!?と、別の心配が沸き起こり、その日、学校であったことを話させようとしすぎることになる場合があります。 

理由はどうあれ、お子さんが学校での出来事や、家庭などでのトラブルについて、言いたがらない時は、まず、 

「何かあったように見えるけど、どう?」 

と確認してみるのをスタートにしてみてはどうでしょう? 

「何かあったでしょ!」 

では、決めつけになります。 

「何かあったように見える」 

というのは、お母さんの主観であって、お子さんが、ではありません。これだけでも、グッと話しやすくなるように思います。 

それでも黙ってしまったなら、 

いくつも例を挙げて、こういうこと?と確認してみてはどうでしょうか? 

イエス、ノーで答えられる質問には、答えやすいです。 

コーチングでは、オープンクエスチョンといって、いろいろな答え方ができる質問をよく使うのですが、語りたがらないお子さんが相手なら、初めは、イエス、ノーで答えられる質問からスタートした方が、安心してもらえると私は思います。 

最近は、メールやらラインやらのおかげで、学校であった出来事が、お母さん方の間に広まるのが、どんどん早まっています。 

帰宅したお子さんが自分から言ってくれれば、まだ安心できても、何も言わずにいられると、不安になったり、場合によっては、イライラしたりするのも、当然かもしれません。 

お母さんの不安やイライラを早く解消するためにも、初めはお子さんの気持ちを代わりに言葉にしてあげると、お互いにスッキリなれるのが早まるように、私は思います。 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に