今日はなんと!ピンクの話から導く、その子らしさを引き出すヒント。

スタイリッシュであるとは、その人らしさを受け入れること。

それぞれのらしさ、強みも弱みも認めることで、魅力が増すのではないでしょうか。

 

 

昨日、私なりの「エレガントさ」について、記事を書きました。

今日は、「スタイリッシュ」について考えてみます。

 

スタイリッシュとは、デジタル大辞泉によると、

 

「流行に合っているさま・いき(粋)」

 

とのことでした。

 

これは、私が思っていたことと、ずいぶん違っていました。

 

「スタイル」は、その人のスタイル、容姿やあり方などを意味していて、だから、スタイリッシュとは、それぞれの人のスタイルをよく表したり、強調したりしていることだと思っていたのです。

 

ということで、辞書の意味通りでは、私の大切にしたいことと違うので、いきなりテーマ変更の危機なのですが、昨日の記事で、「定義は自分で決める」とご提案した以上、今日も心置きなく、自分なりの「スタイリッシュさ」を書かせていただこうと思います。

 

私は色白で、それが本当に嫌でした。

女性ならまだしも、「男のクセに〜」と、言われるのも嫌でしたし、何より、自分が一番、そんな自分を嫌だと思っていました。

 

そう考えると、「女性ならまだしも」という言葉も、無用心なものです。

女性だって、いろいろな考え方があります。

実際、私がかつて担任していた女の子は、色白な自分が嫌で嫌で、とにかく日に焼きたい!と、しょっちゅう口にしていたことを思い出します。

 

同じようなことは、いくつもあるでしょう。

例えば、身長です。

私は、小学校6年生の時、160cmそこそこで、それなりに大きい方でした。

が、それは、本当に嫌なことでした。

 

親戚には、「楽しみだなあ〜」と、よく頭を撫でられたものですが、当の本人は、人と違っていることや、人の目が自分に向くことが、嫌で嫌で、仕方ありませんでした。

 

それが、今となっては、176cmでピタリと止まり、「あとせめて4cmあったらなあ〜」とボヤいているのですから、ご都合主義ですね。

 

こんな話を子どもにすると、背の低い(と、本人が決めている)子は、「そんなのうらやましいよ〜」と言うのです。

 

だとすると、自分でどうにもできない、自分なりの容姿や個性、才能を早く受け入れて、いいものを活かすようにした方が、「トク」なのではないでしょうか?

 

私にとって、そう切り替えるきっかけになったのは、ある方から送られた「ピンクのワイシャツ生地」でした。

 

この生地は、私にとって、「お仕立てのワイシャツ」というだけにとどまらないギフトでした。

 

・色白の私には、ピンクが合うのではないか。

・ピンクは女の子の色、そんなのは勝手な決めつけではないか。

・自分の体型にキチンとフィットさせることで、かえってスリムに見えるらしい。

・生地を送って、あとは相手に合ったものにしてもらう、というプレゼントがあるなんて、素晴らしい。

 

この経験が、私にとって「スタイリッシュさ」の重要性を強く意識させることになったと思います。

 

・太って見られたくないから、太めのものを選ぶ。

・色白なんて嫌だから、無理やり、日焼けする。

 

それは、私にとって、スタイリッシュさのない、「無粋な」ことです。

まだまだ途上の私ですが、さらに「自分らしさ」を認めて、スタイリッシュさを目指していこうと思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に