お子さんが友達の悪口を言い始めたら、どうすればいいか…

シンプルな子育て論

 

お子さんが、友達の悪口を言ったなら…

事情と気持ちをとことん聞いて、そっと悪口の問題点を伝える。

 

 

会社での人間関係に疲れているお母さんも、ママ友の人間関係に疲れているお母さんもいらっしゃるでしょう。

 

学校も同じです。

子ども達は、親しい友人にパワーをもらっている一方で、嫌な人の何人かがいて、当たり前です。

 

ですから、お子さんが、お母さんに嫌な人の悪口を言うことがあるのではないかと思います。

そんな時、一緒に悪口を言うのはどうかと思いますし、一方で、頭ごなしに正論でお説教というのも、お子さんにとっては、悲しい状況になると思います。

 

そこで、私は、以下の2つの手順をご提案します。

 

まず、とことん、事情と気持ちを聞く。

 

いつも忙しいお母さんです。まったく内容の見えない話にイライラされることもあるでしょうが、お子さんのペースで、事情と気持ちを聞くことは、結局、トラブルを早く解決できることにつながると思います。

 

特に、気持ちを徹底的に聞くこと、うまく言えていないように思えたら、

「〜ということ?」

と代弁してあげることも、効果的です。

 

その際、どんなに我が子がワガママに思えたとしても、心の中は、親子でも別人なのです。

その子の気持ちとして、受け止めることが大切です。

 

その上で…

 

・悪口を言いたくなる気持ちは、理解できる。

 

・正直、私自身も、苦手な人もいて、腹が立つこともある。

 

・でも、悪口を言うと、内容うんぬんに関わらず、悪口を言っている人が悪く思われるもの。

 

というようなことを伝えてみてはどうでしょう?

 

特に、3年生や4年生ぐらいのグループ作りがテーマになる段階では、悪口をキーにして、人間関係を築こうとすることがありますから、悪口の功罪について考える機会は、ご家庭でも必要でしょう。

 

アメリカの研究によると、悪口を言っている人の映像を被験者に見せたところ、被験者の多くが、悪口を言っている、その人についての印象を悪くしたのだそうです。

 

いざという時には、愚痴は私が全て聞く!

 

ぐらいの心持ちでいた方がいいのかもしれません。

 

私も教室で、いろいろなトラブルを経験してきましたが、内容がどうであれ、悪口をキーにした仲間作りをしようとすると、結局は自分が敵を作っているというケースを見てきました。

 

悪口を言いたい気持ちを十分に受け止め、

その解消法としての悪口は十分に気をつけるよう、

 

伝えることが大切ではないでしょうか?

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に