外遊びに勝る勉強法なし!?

外遊びに勝る勉強法はない!?


あれこれ、理屈をいうより、何より、外遊びが一番。



12月12日付朝日新聞デジタルに、


「女子の体力、過去最高」


という記事が掲載されていました。


このところ、子どもの体力や運動の力が落ちているという統計をよく目にしていたので、ちょっと驚きの記事でした。


このように女子の体力が向上したのは、体育の授業や部活動、あるいは習い事の充実などが寄与したのか、別の理由があるのかわかりませんが、私としては、単純な外遊びに勝るものはないと思います。


子どもは、いけないと言われても、自然と走ってしまうものです。

疲れても、疲れても、少しすると、また走ってしまう。

そういうものでしょう。


学校は、もちろん私も、ケガを防ぐために、


「走ってはいけません」


と言います。

でも、走ってしまうのです。


真剣に叱ります。

それでも走るのです。

それが摂理とでも言うのでしょうか。


もし、走らないなら、そこには何か配慮すべきことが潜んでいるように思います。


例えば、足が遅いと思われたくない、運動ができない自分と直面したくない、友達とうまくいっていない…


など、何か目を向けなくてはならないことがあるのです。


ちなみに、この記事によると、小5男子は過去最低だったそうです。

運動に距離のある女子への働きかけ効果があった、とスポーツ庁の担当者は語ったとのことでしたが、子どもが自然と走りたくなるような物理的、心理的環境を整えてあげることが、体力、運動力の向上に最も効果的なのではないかと私は思います。


そうして体力、運動力が伸びれば、精神力、学習の成果も伸びてくるのだろうと思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に