お母さん!スマホ育児は、お子さんにナメられることになるかもしれませんよ。

スタイリッシュな子育てのために

 

スマホ育児の問題点は、近い将来、お子さんにスマホを使わせないようにしたいと思っても、説得力がないこと。

 

 

スマホ育児という言葉があります。

 

お子さんをあやすのに、スマートフォンを使ったり、あるいはお子さんそっちのけで、スマホいじりに夢中になっていたりすることを問題視して、使う言葉です。

 

以前、「ゲーム脳」などという言葉が流行り、私の勤務する小学校でも、職員会議で関連書を読んだり、検討したりしたことがありました。

 

そのようなデジタルデバイスの脳科学的、情緒的影響には、諸説あり、私には、その詳細はわかりません。

 

ですが、スマホに代表されるデジタルデバイスが、子ども達の人間関係トラブルを増やす要因の一つであることは間違いありません。

 

私が、小学校の現場にいて感じることは、そのようなトラブルの時、いくらお母さんが、危険性を言ったところで、

 

「お母さんだって、やってんじゃん」

 

という冷たい、一言で、一気に説得力がなくなってしまうことが大変だな、ということです。

 

ご想像の通り、お子さんは大人の言動をよく見ています。

お母さんや、お父さん、私たち教師のことも、よく見ています。

その言動の矛盾点を無意識のうちに、探していると言ってもいいぐらいです。

 

スマホは便利です。

お兄ちゃんやお姉ちゃんをお母さんと一緒に迎えに来る小さな子達を見ていると、お母さんがスマホで、あやしたくなるのも理解できます。あっという間に静かになり、興味津々でYouTubeなどを見ていますから。

 

ですが、先々のことをちょっと想像すると、スマホの使いすぎは、いろいろな面で、お母さんを苦労させることになりそうです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に