お母さん!お子さんにホンネをぶつけていますか?

シンプルな子育て論


お子さんのトラブルの奥にある、あなたのホンネは何でしょう?


躾とは、親が解消できなかった不満や不安を子どもに映し出して、子どもを攻撃することだ、という見方があります。

もし、今、あるいは、これまで、何かとお子さんをめぐるトラブルがあるなら、そういう見方が、新しいステージを提供してくれるかもしれません。

私は、自分自身の育ちをふりかえり、また、教師としての経験上、この見方に共感することができます。

では、どうするか?

まずは、この心理的メカニズムを、

「そういう一面もあるのかな」

と受け止めてみることだと思うのです。

逆に、

「そんなことない!」

とひどく腹が立ったなら、むしろ、痛いところを突かれてしまった不安の裏返しかもしれません。

そして、次は、

「ま、みんな、同じだけどね」

と思うことが大事だと思います。

つまり、お母さんもお父さんも、誰でも子どもだった時代がある訳で、大なり小なり、躾という名の攻撃を受けてきたのです。

自分だけが、悲劇のヒロインではありません。

さて、それを踏まえて、具体的にはどうすればいいか…

それは、

「大阪のオバチャン」

になることでしょう。

もちろん、大阪のオバチャンにも、いろいろな人がいますから、これはイメージ、比喩です。
私自身の感想としては、イメージ通りの派手派手なオバチャンなんて、そういないような気がします…

さて、イメージとして、

「ホンネに正直で、ちょっとした時にアメをくれる大阪のオバチャン」

もしかしたら、あなたにとって、最もイヤなタイプかもしれません。
だとしたら、逆にそれが、答えなのかもしれません。

私自身、
まだ子どもとして、自分の親と向き合い…
教師として、親子の葛藤に向き合い…
大阪のオバチャンになっていこうと思っています。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に