お子さんを信じることができるようになるための、初めの一言とは?

シンプルな子育て論


お子さんを信じることができるようになるための、初めの一言…

「なるほどね」



ウチの子、自分に都合の悪いことは言わなくて…

我が子の話を鵜呑みにせず、冷静に受け止めよう、という、いわゆる「いい言葉」と捉えられることが多いですね。

一方で、「都合の悪いこと」ばかり、何度もやるような子の場合、かえって、お子さんの言葉をそのまま信じて、信じて、そして裏切られることこそ、必要なような気がします。

「都合の悪いこと」を繰り返す根っこは、次の3つのパターンに分類できると私は思っています。

・そもそも、それを悪いことと思っていない

・自分でも、どうにもできない衝動がある

・とにかく人の目、結局はお母さんの目を引きたい

ということです。

この3つのパターン、まずはお子さんの言い分を一旦、100パーセント受け止めることからスタートするという点では共通しています。

「もうそれぐらいのことはわかるでしょ?」

と言われても、

・知らなかった…

・自分でも止められない…

・わかっているけど、そうでもしなきゃ、見てくれないでしょ…

という状態である以上、お説教されても、素直に聞く状態にはなりません。

お母さんの気持ちとしては、受け入れがたいかもしれませんが、何はともあれ、

「なるほどね」

と、まず、受け止めてみませんか?

本当は、それぐらいのことはわかっていて欲しかったけどね、という気持ちはあって当然です。

それはそれとして、お子さんの言い分をそのまま受け止めてみると、お互いに考える心のスペースが生まれます。

スペースができてしまえば、あとは少々、長い話でも、お子さんは聞きやすくなるでしょう。

そうすると、お母さんの心にも、お子さんを信じてみる余裕が生まれるでしょう。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に