イライラの爆発のはずが、新しいお子さんのいいところを見つけるきっかけになるコツとは?

スマートな子育て論


一旦、目を閉じてみると、意外な「いいところ」に気づけます。



教室での子ども達は、ご家庭での子ども達とはまた、違った側面を見せてくれます。

家での言動とは、あまりに違う雰囲気に、驚かれるお母さんも多いです。


もっとも、お母さんの存在に気づけば、多少の「演技」も入りますから、

また、普段の学校での言動とは違うのかもしれません。


それでも、新しい発見ができる機会があるのは、とても意義深いと私は感じます。


ご家庭で、イライラすることがあるとすると、それは、多くの場合、

パターン化しているようです。


・朝、なかなか起きてこない。

・準備をしない。

・食事中に遊ぶ。

・帰宅して、着替えや次の習い事の準備をしない。

・宿題をしない。

・やりたいことに夢中になって、すべきことをしない。

・すぐに兄弟(姉妹)げんかを始める。

・お風呂に入りたがらない。

・なかなか寝ない。


などなど、


「またか…」


と言いたくなるような出来事がお母さんの平常心を揺さぶります。


だとすると、そんな時は、一旦、目を閉じて、


「他はどうだっけ?」


と考えてみることは、イライラを減らし、お子さんの毎日に成長を感じられるきっかけとなります。


私自身、教室で子ども達にお説教を始めそうになることが、たくさん(!)ありますが、

それを、グッと踏みとどまり、視点を変えてみると、新しい発見ができることに気づきました。


おや?

こんな時に、この子は、わき目もふらず、問題を解いているな…

あ~頼りになるな…


おっ!

少し前まで、口ごたえの多かったあの子が、黙って本を読んでいる!

心にゆとりが出てきたな…


など、必ず、新しい、「いい」発見があります。


イライラした時は、そう簡単なことではないでしょうが、

一旦、視点を変えてみるだけで、5分後の状況はずいぶん、変わるのではないかと思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に