エレガントな子育てのために…声を低くする。

エレガントな子育てのために


声を低くする。



声が相手に与える影響は、思っているよりも大きいようです。

努めて声を低くすることで、子どもの心は落ち着いてきます。

もちろん、自分自身の心も落ち着いてきます。


一方、甲高い声は、落ち着いて物事を考えることにはつながりません。


かつての通販番組の名物社長を思い浮かべてみればわかることですが、甲高いは購買意欲は煽るでしょうが、子どもの心は落ち着きませんね。


子どもを感情的に怒鳴ってはいけないと言いますが、情の濃い子どもだからこそ、

怒鳴ってしまうものだと思います。イライラしてしまうものだと思います。


怒鳴るまい…

イライラすまい…


と一生懸命になると、怒鳴ってしまった自分、イライラしているご自分にまたがっかりすることになります。


ですから、たまには怒鳴ってもいいし、毎日のようにイライラしていいのではないでしょうか。


ただし、声を低くしてみませんか?


それだけで、ずいぶん、結果は変わってくるように思います。


私自身、今でも、教室で怒鳴ったり、怒ったりすることもあります。

それでも、声を低くすることは意識して努力したので、ずいぶん、できるようになりました。


おかげで、ただ怒鳴って終わりにせず、落ち着いて話をまとめられるようになったと思います。


「声を低くする」


頭の片隅にでも置いてくだされば、光栄です。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に