小学校の先生が訴える、日記を書くことの意味

小学校の先生が訴える、日記を書くことの意味

 

・字や言葉を覚える、身につける機会

 

・文章を書く機会

 

そして、

 

・継続できた、という自信

 

 

 

今日は、日記を書くことの意味を考えてみます。

 

小学生にとって、字を書くということは、大人の感覚以上に、心のエネルギーを使うことです。

まして、字や言葉に苦手意識のある子にとっては、拷問に近いと言っていいぐらいです。

 

それでも、私は、鉛筆をしっかり握って、字を書くことは、とても大事だと思います。

 

「体が覚える」

 

という言葉の通り、文字や言葉、文章も実際に手を動かすことで、雨が土に染み込むように、身につくと思うからです。

 

さらに、文を書くことが好きな子にとっては、その日を振り返り、気持ちを整理する機会にもなるでしょう。

 

また、ほとんどの場合、先生が毎日、コメントをくれるでしょうから、文字を通したコミュニケーションにもなると思います。

 

とはいえ、小学生の場合、あまりにたくさんのことを日記に求めるのは、少々、ハードルが高いような気がします。

 

そもそも、毎日、文を書き続けるということ、そのものに、とても価値があると思います。

 

お母さん方からは、

 

「先生、すみません。いつも夕食の話ばかりで…」

 

とか、

 

「もうちょっと、深みのあることを書かせたいんですが、すみません。」

 

などと、言われることがあるのですが、私としては、継続そのものがすごいと思っています。

 

「よく続いたね!」

 

ということをお子さんに伝えてほしいなと私は思います。

 

「書くことない〜」

 

「書けない〜」

 

という子どもの声は、

 

「こんな程度しか書けない自分が恥ずかしい、情けない」

 

という気持ちが源泉です。

 

確かに、夕食のメニューばかり書いているようでは、内容に深みはないでしょう。

 

でも、継続できたということは、大いに評価することができます。

お母さんにとっても、わかりやすい評価基準になるでしょう。

 

ぜひ、まずは継続することを第一と考え、続いたことを大げさに認めてあげてほしいと思います。


私自身もブログを書き続けて、気付けば半年。 

ふと冷静に考えれば、クラスで私は日記の宿題を毎日出しているのです。

それを思えば、どうということはありません。

 

それに、ある時から、書かないと気持ち悪くなり、

とうとう最近は、書くことが楽しくなってきています。

 

あれほど情報発信を怖がっていたのが、嘘のようです。

やはり、続けることは大事です。


日記に限らず、まずは「やってみる」ということを大人はサポートしてあげることが重要なようです。


ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に