自分らしさを育てるためにこそ、お母さんは自分の価値観を押し付けていい!

子どもには、子どもの人柄があるんだから、大人が価値観を押し付けてはいけない!

なんて、ホント?

 

昨日の記事では、褒め言葉を使って、大人の価値観への誘導しすぎてはいけないのでは?とご提案しました。

「叱らない子育てもいいけど、褒めない子育ても大切!」

 

でも、子育ての中で大人の価値観・価値基準を押しつけることも重要な要素の一つだと思うんです。


だって、水の流動性を大切にしようとして、入れ物に入れなければ、すべてこぼれてなくなってしまうではありませんか!


はじめは大人が、大人の責任で心の枠組みを作り、その上で、子どもがそれを壊して新しくすることを認めることが大切だと思います。


最近、子どもがどんなに小さくても、一人一人の個性を大切にしようという考え方が重視され、子どもの意向をいちいち確認することもあるようです。


しかし、個性を大切にすることと、大人が価値基準を与えないことは別の問題です。


やはり子どもが小さいうち、3年生ぐらいまでの間は、大人が自信を持って、子どもに価値基準を押し付けた方がいいと私は思います。


子どもは次第に親の手元から離れて、学校などの社会的な場で価値基準を身につけていきます。


特に5年生以上ともなると、大人の要求よりも子ども同士の関係性の方が重要性が高まります。

 

3年生ぐらいまでの間に、何をしていいのか、いけないのか、お母さんが自信を持って、伝えておく必要があると思います。


それがあるから、子ども同士の関係性の中で、自分を磨いていけるのです。

 

私は現役の小学校教師として、大切なお子さんをお預かりしています。

朝は7時半の開門から、日によっては夕方の4時まで、一日中一緒に過ごします。

また、私の勤める学校では、臨海学校を大切な行事としています。

1週間近くもの間、24時間、寝食をともにしています。

 

当然、担任教師の価値観・価値基準が子どもに大きな影響を与えます。

そんなわけで、1年もおつきあいすると、

 

「ミニ青木」

 

が育ってくるわけです。

 

担任でさえそうなのですから、親御さん、中でもお母さんの与える影響力たるや、想像以上のものがあります。

 

でも、その影響力が基礎になるからこそ、大きくなった時に、自分らしさを磨くことができるのです。

 

4年生ぐらいからは、子どもはお母さんの積み上げた価値基準を壊そうとしてきます。


私のいう「積み木崩し」です。

「積み木くずしで泣く人・笑う人」

 

せっかく作ったものを壊されるのは、悲しいですし、不安ですが、全部を壊すわけではないので安心してください。

 

基礎は残したまま、上に積み上げる部分だけ、作り替えたり、足したりしようとしているだけなのです。所詮は一部増築、改築です。


ですが、この「一部増改築」こそ、自分らしさなのです。

 

ぜひ、自信を持って、あなたの価値基準をお子さんに伝えてください。それがないとお子さんは自分らしさを築くことができないと私は思います。


ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に