お子さんに「セーラームーンになりたい!」と言われたら…

お子さんの語る夢が荒唐無稽だったら、どうしますか?

例えば、小学校3年生にもなって、

「セーラームーンになりたい!」

なんて言われたら…

ぜひ、笑わずに、

「それで、どうしたいの?」

と聞いてくださいね。



幼稚園児ならいざ知らず、3年生にもなって、セーラームーンになりたいなんて言われたら、思わず、笑ってしまいますね。

でも、笑ってくれるなら、まだお子さんは救われます。

「あなた、もう3年生でしょ。そんなこと言ってたら、みんなにバカにされて、イジメられるわよ。もうちょっと現実的な、人の役に立つような夢を持ちなさい。例えばお医者さんとか、ね…」

などと言われてしまうと、お子さんは、もう素直な夢を持てなくなってしまうでしょう。

・誰かに夢を語るのはやめよう。
・夢を語ると、バカにされる。
・お金が稼げたり、みんなが喜びそうな夢にしておこう。

など、借り物の夢を持とうとしてしまうことになるのです。

お母さんとしては、いつまでも夢物語を語られるのは、ご不安だと思います。

「この子は、キチンと自分で生きていけるのだろうか?」

そういう気持ちがあるので、セーラームーンなどと言われると、ごもっともなお説教をしたくもなります。

ですが、お子さんが、セーラームーンと言った言葉の奥には、その結果、したいことが隠されています。そこにその子らしさが生きる、かけがえのないヒントがあるのです。

イチロー選手や本田選手の小学校時代の作文に書かれた夢が、あまりに明確で、だからこそ叶うんだ、という話があります。

我が子は、あんな夢は、全然持ててない…

とガッカリするのではなく、言葉にできないけれど、なんとなく心の奥に秘めているその子なりのやりたいことを、じっくり引き出してあげたいものです。

私は小学校教師です。
どんなに長くても、6年間しかお付き合いできません。

でも、お母さんはずっとです。
その子の心の奥にある、その子らしさが詰まった本当にやりたいことを引き出し、応援することができます。

それって、とても素晴らしいことだなぁ、と私は感じます。


ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に