お子さんが「うっせーな!」と言ったら、赤飯を炊きましょう。

お子さんが、


「うっせーな!」

と言ったら、赤飯を炊きましょう。

子どもの成長は一直線ではありません。
波を打ちながら、急に調子よくなったと思ったら、一気に降下したり…

ずいぶん停滞して、もうダメと思ったら、意外な良さに気づいたり…

もっとわかりやすく、上昇したり、下降したりしてくれればいいのですが、子どもは逆、逆とついてきます。

そんな中で、子どもはお母さんに対して、

「うっせーな!」

「もう、ほっといて!」

という強い言葉を投げつけてくることがあります。

そんな時は、冷静に、

「そういう言葉では、あなたの気持ちが伝わらない。」

ということを子どもに伝える必要はあると思います。

しかし、それを伝えながら、心の中では、

「あ〜よかった。キチンと向かってきたか」

と赤飯を炊く気持ちでいるのがいいと思います。

子どもは成長の過程で、自分でどうにもできないムシャクシャや、不安を感じています。

どうにもできず、お母さんにぶつけることも、たくさんあります。

そして、そんな言葉を言ってしまったことに、自分でショックを受けて、やっぱり、自分はダメだ、と再確認しているのではないかと私は思います。

だからこそ、私は赤飯を炊く気持ちでいることが大切だと思うのです。

そして、落ち着いて、正論を言ってくれるお母さんという存在に安心ができるのではないでしょうか。

私も暴言(!?)をぶつけられたことがありますが、けっこうショックなものです。 

ましてや、お母さんが大切なお子さんに言われたら、ショックというか、腹が立つと言うか、悲しいというか、まぁ、トータルでは、やはりショックだと思います。 

大なり小なり、お母さんは、皆さん、こういう経験をお持ちのようです。

子どもを荒れさせてしまったお母さんと言われそうで…と、そういう経験を隠したい気持ちになることもあるそうです。

が、早いうちに子どもが、親に立ち向かおうとする強さを養ったのですから、むしろ、成功した子育てといっても良いぐらいだと私は思います。

だから子どものためには、お赤飯にして、ご自身のためには、何か豪華なランチでもされるのがいいかもしれません。

人間と人間のぶつかり合いは、ひどくエネルギーを使うものですが、その山を越えた後にしか見えない景色があるような気がします。


ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に