心の中に秘めた怒りや悲しみに気づくと、かえって気持ちが楽になる!?

自分でも気がつかない、心の中に秘めた怒りや悲しみに気づくと、かえって気持ちがラクになる!?


先日、かさこ塾で知り合った、家族問題ライター&アドバイザーの中野セリさんとお話をする機会がありました。

その際、親から受けた精神的な苦しみは、なかなかわかってもらえず、大変だ、ということを伺いました。

とはいえ、正直なところ、まさか私の心の中に秘めた親への怒りや悲しみがあるとは、思ってもいませんでした。

ですが、中野さんとお話をしているうちに、自分にも、そういう感情があるのかな…と思うようになりました。

そこで、ある時、スタバにこもって(?)、自分の過去の記憶を辿ってみました。

すると、自分の中では、「よい思い出」と認識していた子どもの頃のトピックが、実は、怒りや悲しみの裏返しの意味づけだったのではないか!?と思ってしまったのでした。

私は両親が働いていて、長い夏休みは、四国の香川県に祖父母とともに過ごしていました。

小学校の恒例行事、臨海学校が終わるや、祖母とともに新幹線で岡山へ。

そして、真夏の暑さの中、宇野線という電車に乗り換え、宇野からは、連絡船で高松に渡ります。

あんなに暑いのに、毎回、デッキで海風にあたりながら、うどんを食べたのは、今でも、心が温かくなる思い出です。

1時間の船旅を終えて、船が桟橋に着くや、何百人の大競走が始まります。

高松から先、松山、高知、徳島などに向かう連絡列車の座席を確保するためです。

私の場合、急行(特急ではありません)で40分ぐらいの距離でしたから、まぁ、座れなくても耐えられるのですが、すでに東京から6時間を超える長旅ですから、やはり座りたいものです。

というより、みんな走るので、つられて走っていたのかもしれません。

高松と徳島のほぼ中間にある、三本松という駅で急行を降りる頃には、もう日が傾いていて、疲れながらも、これから始まる釣り三昧の楽しい生活にワクワクしたのをよく覚えています。

そんな訳で、私にとっての小学生時代の夏の思い出は、なかなか、他の友達が経験していないようなリゾート(!)ライフでしたから、自慢だったのです。

でも、中野さんとお話をして以来、それは本当かな…
と気になるようになりました。

まだ小さかった、子ども時代、そういう意味づけでもしない限り、心の平穏を保てなかったのかもしれない。

そう思うと、両親への恨みがフツフツと…

湧いて来なかったのです。

なんとなく、両親に対して素直になれなかった私でしたが、むしろ、それ以来、少しは、心を開けるようになったような気がします。

自分のことは、自分が一番わかってないな、と痛感しました。

また、自分の心と対話することは、見たくない自分を見せつけられるのではなく、かえって心を軽くするのだな、と感じる経験でした。

ところで、私のブログは、子育て中のお母さんに向けて書いていますから、今日の記事を読まれた方は、

「子どもにこんな思いをさせないために、どうしましょう?」

と思われるかもしれません。

私は、親子は、いつの時代も、お互いにそういう思いをさせあっているのだから、そんなに意識しない方がかえっていいのではないか、と思います。

いつもお母さんは一生懸命です。
私の母も一生懸命でした。(たぶん…)

いつになるかはわかりませんが、ある時、お互いにそれを許す、あるいは認めることができるのではないかと思います。

さて、家族問題ライター&アドバイザーの中野さんは、自身もご両親の不仲という環境に育たれ、心や体が苦しい時もあったそうです。

ですが、それを乗り越えた経験から、家族問題に悩みを持つ方々のサポートをすることに至ったそうです。
ご関心のある方は、ホームページをぜひご覧ください!





ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に