5分たりとも落ち着いていられないお子さんのことが心配なお母さんへの単純なヒント

わが子を落ち着かせたいと思っているお母さんへ


とりあえず、1分間、黙って机に向かうことができたら、合格です!




「うちの子、勉強についていっているかしら?」


「うちの子、遅れてないかしら?」


よくうかがう話です。


小学生のうち(たぶん、中学生や高校生でも?)は、勉強のできるできないは、

才能の有無というよりも、落ち着いて机に向かうことができるかできないか、

ということが重要なポイントです。


30分、集中して机に向かうことのできる子は、それだけの心が落ち着いています。

1、2年生なら30分でも、十分です。


ところが、4年生や5年生になっても、30分はおろか、10分だって机に向かえない、

というご相談を受けることがあります。


もちろん、宿題をこなして学校に行っているのですから、実際には、30分以上、

机に向ってはいるのですが、集中しないので、コマ切れとなり、結局、1時間以上!

ということになるのです。


そして、見ているお母さんとしては、イライラが募ります。


だとすると、まずは、「合格」のハードルを思いのほか、下げる必要があります。


最初は1分でいい。

落ち着いて机に向っていたら、マンガを読んでいたとしても、「合格!」


これなら、難なくクリアできるでしょう。

クリアできた、ということは、子どもにはもちろん、お母さんにも成功体験です。

明日もやろう、という気持ちになれます。


しかし、気を良くし過ぎてはいけません。

気分よく、1分できたから、明日は10分ね!とやると、子どもはすっかり、

冷めてしまいます。


「あ~また、お母さんの思い通りにやらされるだけだ…」


と受け取り、素直さをどんどん奪ってしまうでしょう。


明日も1分でいい。


というぐらいでいいのです。

子どもの方から、明日は2分やるよ!などと言い出すように、待ってあげる必要があります。


むしろ、子どもが、これなら明日は10分にするよ!と言い出した時は、


「無理をすると続かないから、それなら2分にしよう」


と言う必要があるぐらいです。


ここでポイントは、集中が持続した時間をストップウォッチで正確に計ること、

それをメモしておくこと、

そして、お母さんが横に座ることです。


机に短時間でも集中して向かう癖のついた子どもは、勉強にも力が出やすくなります。

まずは1分から!

やってみませんか?

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に