「ごほうび」でお子さんを釣ろうとしているお母さんを全力で応援する記事です!

ごほうび。


どう、思いますか?

そういう動機付けは、よくないと思いますか?


いえいえ、それがいい時もあると私は思います!

今日は「ごほうび」でお子さんを釣ろうとする自分に自信を持てる記事です(?)


「これができたら、あれをあげる」


「それができたら、どこそこに連れて行ってあげる」


こういう「馬の前にニンジンをぶら下げること」をあなたはどう思いますか?


私は、クラスでお母さん方の話をうかがっていて、こういうやり方で、

子どもを勉強ややるべきことに導いていることに、多くのお母さんが、

罪悪感を持たれていることに気付きました。


「AができたらB」


ということは、


「AができなかったらBはない」(あるいは罰を受ける)


ということの裏返しですから、


子どもに緊張を強いることになります。


すると、子どもたちは、やってみてできなかった時、


「あ〜やっぱりね。何かをもらえないから、もういいや」


とか、


「どうせ、できないから、初めからしない方がいいや」


という反応を示すことが多くなります。


ですから、ごほうびがなくても、そのこと、そのものを楽しむような方向で励ますことが大切です。


しかし!


そんなに、うまくいくのでしょうか?

まだ数年しか生きていないお子さんに対して、


「算数そのものが楽しいね」


と言ったところで、


「そんなことより、ゲームだ!」


というのが正直なところだと思いますし、


何かと忙しいお母さんにとって、とりあえず、「ごほうび」をぶら下げることを

誰が責められるでしょうか。


ポイントは、「ごほうび」が適切な課題か否か、ということです。

努力さえすれば、達成できる課題なら、やれば手に入るのですから、適切といえるでしょう。


一方で、達成したか否かが不明瞭・抽象的な課題であったり、

到底、実現不能な目標だったりした場合は、「ごほうび」は適しません。


私の勤める小学校で取り組んでいる、計算のタイムトライアル(素過程・そかてい)は、

ある一定の計算力をつけていれば、努力しただけ成果が出ますから、「ごほうび」は

向いています。


しかし、友達と仲良くできたら、これを買ってあげる、と言われても、

仲良くするとはどういうことか、不明瞭で、お母さんの独断による押し付けになりますし、

相手の反応に自分の成否がかかっているようでは、落ち着いていられません。

こういうテーマは、「ごほうび」は適しません。


「あ〜めんどくさい…ごほうびで、釣ろう〜」


と思った時は、そんな自分は素晴らしい!と受け止め、

お子さんに課した課題が「ごほうび」に合っているか否かを考えてみてください。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に