フランスの子どもは夜泣きをしないんですって! ちょっと気が楽になれるかもしれませんよ。

今日は、この夏休みに私が読んだ本から、新しい見方を手に入れられる子育てのヒントをご紹介します。

 

本を読むのは楽しいけれど、読んで終わり…

そんな経験はありませんか?


いえいえ、実際のところ、手に入れただけで満足してしまうことも多々あります。

そんな私が、ずっと気になっていた本です。

この夏休みに読むことにし、今日までの伊良湖の旅で読んできました。


その本は、


「フランスの子どもは夜泣きをしない」

パメラ・ドラッカーマン著 鹿田昌美訳

集英社


です。


「フランス人の自己主張の強さは、子育てのヒントになる」と私は思いました。


周りの目をとても気にすることの多い日本人にとって、

人からの承認は、安心材料であると同時に、

承認を得られないかもしれないということが、プレッシャーとなり、

ストレスの大きな原因になっていると思うのです。


だからこそ、フランス人の「我の強さ」(!?)は、心のバランスを取る効果があり、


「あ〜こんなんでも、いいんだ…」


と気が楽になれるのではないかと思います。


相当にザックリ、内容をいいますと…


アメリカ人著者がフランス駐在時代、フランス人の「大人中心主義」に感銘を受け、

行儀の良いフランス人の子どもの秘訣を理解した


ということです。


日本人からすると、アメリカ人だって、十分に自己主張が強いと思いがちですが、

そんなアメリカ人をして、フランス人の「自分の都合中心ぶり:に感銘を受けた、

というのですから、説得力があるなあ、と私は思いました。


私は、「マザーファースト」ということを活動の理念にしています。

「自己中心ぶり」という表現は、お母さんがたにとって受け入れづらいかもしれませんが、

お母さんが満足し、安定していれば、子どもはかえって、安心できるという

私の考えに通じるところがあり、勇気付けられたような気がしました。


このように、フランス人の子育てについての考え方は、日本人のヒントになるのではないでしょうか。


周りの目を気にするようにしつけられている日本人にとって、時には腹立たしく思えるフランス人のあり方は、バランスを取る効果があり、気が楽になることもあると思います。


私は、以前、パリから帰国した子を担任したことがあります。

その頃、世間では、「KY」(空気、読めない)という言葉が流行っていたのですが、

記憶にある方もいらっしゃるでしょう。

この「KY」について、その子のお母さんとお話をした時、お母さんはこうおっしゃいました。


「フランスでは、こういう言葉はあり得ませんね。だって、そんなコソコソした言い方をしないで、

あなたは、こういうところが迷惑だから、こうしなさいよ、と主張のぶつけ合いになりますから。

だから、私にとっては、コソコソした日本より、かえってパリの方が気が楽でしたよ」


この経験は私の心に残っていました。

日本人といったって、いろいろです。

視点を変えるだけで、気が楽になれることもあるんだな、と思います。


よろしかったら、ぜひ、


「フランスの子どもは夜泣きをしない」


も手にとっていただきたいと思いますが、勢いにのせてアマゾンでポチっと

やってしまうと、また積み上げた本が増え、自己嫌悪になってしまっても困りますので、

今日のところは、


・「私が先よ」とお子さんより先に、選ぶ


ということを一回でもされてはどうでしょうか?


たかがそれぐらいですが、


「そんなこと…私にはかわいそうでできません…」


という方にとっては、今までの価値観を崩す、大きな一歩になるのではないでしょうか。


ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に