駅で怒鳴っているお母さんを徹底分析!

お母さん!
本当は、何に怒っているのですか?

夏休み真っ盛り、しかもお盆で、駅は親子連れでいっぱいです。

先日は、学校の子ども達を連れて、葛西臨海公園まで行ったのですが、途中乗り換えの東京駅では、お母さん方の不機嫌そうな顔、「なんで〜なの!」という声とたくさん出くわしました。

大きな荷物を抱え、ギリギリの列車を目掛けて急いでいる中、トイレ〜とか、あれ欲しい〜とか、騒ぐ子ども…

それは、イライラするに決まっています。
イライラするのが当たり前です。

人は、そんなにイライラするなら、荷物を先に宅配便で送っておけばとか、トイレには先に行かせておかないからよとか、ごもっともなことを言うかもしれません。

そんなことは、百も承知ですよね。
でも、そんなに簡単じゃない。

当日まで手元に置いておかなくてはならない荷物もあるし、トイレだって、行かそうとしたけど、行かない!行かない!と子どもが騒いだりしたかもしれませんね。

子どもは、いつもと違うことに、とても敏感です。
私は旅行が好きですし、地理は得意な方なので、さほど緊張もしませんが、旅に出る前のお母さんには、いろいろな緊張感が高まっています。

ぜひ、新幹線に乗って、お子さんが寝るか、何かに夢中になったら、自問して欲しいのですが、

本当は何に緊張しているのでしょうか?

あるいは、

何に怒っているのでしょうか?

私は教室で、様々な怒りと直面しています。
その経験で思うことは、まず心に浮かぶ怒りは、本当に嫌なことへの怒りではない、ということです。

子ども達は、多分、大人も、心の中のちょっと深いところに、何かについての怒りをためています。

それが、何かの出来事で表面化するのですが、その怒りの原動力は、本当は、もともとあった怒りの方です。

ですから、そちらを解決しないと、腹をたてるキッカケを探し続けることになってしまいます。

とはいえ、本当に嫌なことへの怒りは、おそらく、そんなに簡単に解決できないようなものなのです。

例えば、お盆の帰省で、やけに腹が立つのは、嫁姑問題があるかもしれません。

いえ、もっと根深い課題として、ご自身のお母さんへの葛藤があるかもしれません。

このようなものは、ちょっとしたことでは解決できないですよね。

ただ、このような心のメカニズムに気づいておくと、そんなにイライラしないで済むことが増えると思います。

怒鳴り散らしている人を見て、あ〜と自分で冷静になれることも増えるでしょう。

まぁ、そうは言っても、子連れの旅は、大変です。
どんどんイライラしていいのかもしれません。

私も、学校で臨海学校やら、ちょっとしたお出かけやらで、子どもを連れて行きますが、

「え?なんで今、そんなこと?」

というようなことを子どもはするんです。

そう考えると、大怪我せずに目的地に着けば、もうOKぐらいに思っておいた方が気がラクなのではないでしょうか。


ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に