「人は人中、地は地中」って、知っていますか?

人は人中、地は地中。

(ひとは、ひとなか じは、じなか)


人は、人の中でもまれて過ごした方が魅力的になれるし、

土地も、周りも含めて良くなっていくものだ、ということです。


皆さんは、この言葉を聞いたことがありますか?

私は、子どもの頃、よく祖母から聞かされていました。

ネット検索で見たところでは、どうも四国の方のことわざなのかもしれない、と思いました。


いろいろ調べてみますと、


「人は人中、田は田中」

(ひとは、ひとなか たは、たなか)

※「ひとはひと なかたは、たなか」ではありません!


や、


「人は人中、木は木中」

(ひとは、ひとなか きは、きなか)


というのもあり、同じような意味のようです。


いずれにせよ、一人の世界に孤立しているのではなく、人の中に入っていって、

いろいろな経験をすることが、魅力的になるために、とても大切だ、

ということです。


もちろん、人中でもまれている時は、とても嫌な気持ちのするものです。

ですから、周りの大人としては、参っている子どもを励ますことを大切にしたいな、

と感じます。


ああしなさい、こうしなさい。


という具体的提案がいい場合もありますが、悩みそのものを肯定するような

励ましを大切にしたいと思います。 

 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に