怒ってもいい。でも嫌味だけは捨てる

「ほら、やっぱり落とした〜」

さらに、

「もう、これ食べられないんだよ」

先日、子ども達を連れて、水族館に行った時、耳にした会話です。

怒るのは当然です。
そこから、嫌味の部分だけを取り除いてみませんか?

休憩所で待っていた私の横は、遅いランチでしょう。親子連れがたくさん通っていました。

当然、転んだり、モノを落としたり、食べ物をひっくり返したりすることもあります。

そんな時、そういう失敗をとがめずにはいられないのは当然だと思います。

他人のことなら、

「そんなにカリカリしなくても〜」

と、鷹揚になれるのです。
でも、我が子ではなれない…
そんな声をよく聞きます。

親子関係、中でも母子関係は特別なものです。
そうそう理屈通りにはいきません。
イライラも激しくなりがちです。

それは当然のことと、受け止めた上で、

「ほら、やっぱり」

とか、

「あ〜もう食べられない」

という、腹立ちの気持ちを強めるだけの嫌味だけを取り除いてみませんか?

こういう嫌味の積み重ねは、子どもの自尊心を傷つけます。怒るのは当然だけど、嫌味だけは捨てる…それができたらいいな、と感じます。







ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に