お母さんは、お母さんというだけでスゴい!という私の活動の原点とは…

何のために、この活動をしているのか…


その答えが、ブロガー・かさこさんの先日の記事に、まさに私の思いが書かれていました。
一読の価値ある、素晴らしい記事だと思います。

さて、私の話に戻ります。

「お母さんは、お母さんというだけでスゴい」

そして、

「お母さんは、ものすごく大変」

私の活動のベースは、そこにあります。

もっとも、私も初めから、そう思っていた訳ではありません。

私は小学校の教員ですから、子どもをいかに伸ばすか、イキイキした毎日を送ってもらうか、
しかも短期的な点だけでなく、長い目で見て、ということを第一に考えてきました。
そういう教育観は、初任の頃から、今でも変わりません。

ただ、いろいろな経験をするうち、子どもが小さければ小さいほど、そして多分、大きくても、お母さんが安定していると、子どもは安心して、自分を発揮できる!と思うようになりました。

それから、私は自分のクラスのお母さん方と関わる時は、一方的に要求するのではなく、まず話を聞こう、と思うようになりました。

お母さんは、ものすごく大変で、もう、お母さんというだけでスゴい!という私のベースができたのです。

もちろん、学校で起きていることは、きちんとお伝えします。
でも、何が悪いからですよ、とか、間違っても、あなたの育て方が悪かったからですよ、というような責任追及はしません。
(暗に責任を追及されている気がします、という声があったら、すみません。それは私の心の幅の狭さと表現力の不足です…)

私は、とても小さい学校に勤めていて、広報も担当していましたから、この思いは、学校のイベントとしての「親子コミュニケーションセミナー」として、具現化されていきました。

そして、著書「むさしの学園小学校の母親を変える教室」の出版、雑誌「edu」の取材、などにつながりました。

しかし!

私は結婚していますが、まだ子どもはいません。
そんな私が、いくら現役で教育現場にいるとはいえ、あれこれ親子問題について、言えるのだろうか…
この葛藤は、著書の出版以来、情報発信をしないことにつながりました。
有り体にいえば、批判されたくなかった、ということです。

ですが、私はこれまでの教員経験で、お母さん方に安心していただくためには、話をすべて聞く、というだけでなく、何かしら具体的な話、例えば、勉強法なり、言葉かけのヒントなり、心の持ち方なり…が必要だ、とも感じていました。

この停滞状態は、今年4月、かさこ塾に行ったことで、崩れました。
きれいに言えば、「セルフブランディング」の方法として、
私の実態では、「批判をされても、やりたいと思うことをやる」方法として、
個人の肩書きを決め、ブログをスタートしました。
結局、4月5日以来、1日も欠かすことなく、続いています。

私の活動の経緯や原点を、いつかは明らかにしたい、と思っていたのですが、そんな時、ちょうど、かさこさんの記事を読み、今日、書こうと思った次第です。

※かさこ塾に関心のある方は、こちらをご覧ください。
起業するとかしないとか、そういうことではなく、自分の人生を、自分らしく生きている、という実感を持ちたい方に、絶対お勧めです。


ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に