お母さん!あなたは大統領です。世界の平和はあなたの宣言にかかっています。

宣言することと、お小言の違い

いよいよ夏休みです。

もう宿題終わったよ!と、ニコニコしている子がいるかと思えば、1ページだって開きもしない子もいる、というのが実情でしょう。

さて、お母さんの立場になれば、

夏休みを規則正しく生活してほしい!

と思われるのは当然のことだと思います。
しかし、その思いから、あれこれと子どもに要求するだけでは、お小言になってしまいます。

やってほしいこと、こうなってほしいという願いは、いろいろあるでしょうが、何かをやってもらいたい時は、バシッと明確に宣言することをオススメします。

そうです。
宣言です。

迷いがあってはいけません。

あ〜かわいそうだなぁ…

とか、

ちょっとムリでも、いっか〜

というようなことだと、迷いがバレてしまいます。

大統領の演説を思い浮かべて、落ち着いて、明確に、具体的に宣言してみてください。自分の宣言が世界の趨勢を決める、というぐらいの勢いでいいのです。

でも、難しく考える必要はありません。

「今日は、算数の問題集を3ページやりなさい」

というようなことでいいのです。

ただ、よくないのは、宣言通り、3ページやった子に対して、「調子に」乗って(大人の都合で)、

「できたなら、国語も3ページね」

というような追加をすることです。

お母さんの宣言に力がこもっていて、内容が明確であったなら、思っていた以上に、お子さんはやれてしまうと思います。

そこで、続けて、何かを要求すると、子どもには、いつまで続くかわからない、無間地獄の要求に感じられます。

日を改めればいいのです。
でも、私なら、翌日も、算数3ページね、と言うと思います。

「昨日はすごかったね!正直、まさかできるとは思ってなかったよ。ごめんね。今日も算数3ページでいいよ」

すると、子どもは、課題が増えなかった安心感と、昨日はできたという達成感で、昨日より早く3ページやれてしまいます。

そこまで確認して、やっと、課題を増やすと、子どもは素直に聞くことができるのです。

子どもはやらなければならないことは、だいたいわかっているのです。

それを責めずに、うまく乗せていくようにできればいいな、と思っています。











ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に