嫌なことモンスターの倒し方、ご存知ですか?

どうせ繰り返すなら、いい気持ちを繰り返すように伝えたいですね。

反芻という言葉があります。
ご存知かとは思いますが、牛などの食物を消化する方法から転じて、繰り返し味わうこと、という意味で使います。

クラスでケンカをする子を見ていて思うこと。
それは、嫌なこと、特に嫌だった気持ちを反芻しているな、ということです。

「ま、いっか〜」

と流すことができないのです。
もちろん、そういう姿勢は、粘り強く、何かをする時には、素晴らしいことです。

しかし、嫌なことばかり反芻していたら、気持ちがもちません。

周りにいる子たちにしても、何かというと、怒ったり、文句を言ったりするわけですから、負担もかかります。

嫌なことモンスターに支配されているのです。

どうせ反芻するなら、いいこと、いい気持ちを反芻してもらいたいものです。

では、どうすれば嫌なことモンスターを退治できるか。

私が思うのは、まず、腹を立てたり、文句を言いたくなったりするのは、当然だ、と子どもの気持ちを認めることです。

それがベースにないと、基礎固めのない高層建築のようなものになります。

その上で、可能なら、お母さんご自身の経験を話してあげると、かなり安心できるのではないかと思います。

お母さんも、嫌なことがあったんだ。
でも、平気なんだ。

そう思えると、次第に子どもは少々のことを流してもいいんだと思えるようになるのではないでしょうか。





ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に