たった3分間黙ってお子さんの横に座ることが、お子さんの将来を拓くのです!

言われた勉強を素直にやるという子の話を聞いて、

「なんで、ウチの子は…」

と、気持ちが暗くなったなら、とりあえず、何も言わずに、3分間、黙ってお子さんの横に座ってみませんか?

言われた勉強をやらない、ということは、もはや、黙って机に向かうことさえ難しいのではないかと思います。

理由はいろいろあるでしょうが、理由を深堀りするよりも、3分間、黙って座っていられたら、もう合格!という気持ちで、黙って机に向かう習慣作りに初めは時間をかけることをお勧めします。

お母さんとしては、あれもやらせたい、これもさせておきたい、と勉強のことが頭を駆け巡るかもしれません。

ですが、黙って座っていられないことには、何をやっても、身につきません。

そのために、お母さんには、黙って横に座っていてほしいのです。

じっとお子さんを睨みつけていては、かえってプレッシャーになります。何か好きな本を読んでもいいでしょう。お仕事の書類を読んだり、書いたりしてもいいでしょう。

たった3分間でいいのです。
ただし、唯一の条件は、お母さんが黙っていることです。

あれしなさい、これしなさい、とか、ダメなポイントの指摘などをすると、机に向かうことが嫌なこととなってしまいます。

お子さんが何もしなかったとしても、まず3分間から始めましょう。

黙って机に向かうことは、コックさんにとっての仕込みのようなものです。その習慣づけは、お子さんの力を発揮させるための、重要な基盤作りなのです。

この3分間がお子さんの将来を拓くと言ってもいいぐらいだと私は思います。

まず、短時間でいいので、習慣づけることをお勧めします。












ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に