褒める言葉で、都合のいい方へ誘導していませんか?

褒めることと認めることは、ずいぶん違います。

褒めることは、子どもをやる気にさせるので、叱らずに褒めましょうという話もあるようです。

しかし、ちょっと考えてみてください。
褒めるというのは、望ましい状態をこちらが決めていて、それを達成したり、それに近づいたりしたから、褒める訳ですから、誘導なのです。

つまり、子ども自らやったように見えて、実のところは、大人主導ということですね。

基準があるのですから、できたら褒められる、できなければ褒められない(叱られる!?)。

当然、子どもにプレッシャーがかかります。
すると、自信のない子は、

「どうせムリ〜」

と、取り組まなくなるでしょう。

一方、認めることは、その状態、やってきたことをそのまま、受け止めて、励ますことです。

基準がありません。
何々ができたら、できなかったら、とプレッシャーがいりません。

子どもに自信をつけることができます。
どんなにできなくても、やったことを認めてもらえるなら、心が満たされます。

よし、次もやるぞ!

と思うことができます。

ぜひ、基準のない、認める言葉や態度でお子さんを力づけてあげてください。









ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に