この子、ウソを言っているのかも…と思った時は

子どもの言葉を真に受けてはいけない!?


ええ、わかっていますとも!
ウチの子、何を言い出すか、まったく、わからないんですから!

いえいえ、私が言いたいのは、そういうことではありません。
お子さんは、しっかり本当のことを言っているんだと思います。

まあ、そうかもしれませんが、結構、ウソやら都合のいい話やらが多くて…

確かにそうかもしれません。
だからこそ、お子さんの言葉をしっかり聞かないといけませんね。

言葉に妙に力がこもっていませんか?
何もこちらは言わないのに、二度、三度と繰り返したりしませんか?

そんな時は、「ウソ!」と責めるのではなく、何かの特別な意識がこもっているという可能性を考えておきたいと思います。

特に人を責めるような物言いを繰り返す時は、何か受け止めてほしいことがあることが多いのです。

この子が、本当に伝えたいことは何か?
わかってほしいことがあるのかな?

という思いを「少しだけ」でいいので、持っておきたいと思います。

子どもの言葉は、ほとんどの場合、言葉通りにに受け止めていいのです。
けれど、素直に言うことは、いろいろな意味で憚られるものです。

「あれ?」

と妙な感じがした時は、言葉にこめられた密かな思いに意識を向けてみてください。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に