早く子育てのイライラから解放されるヒント

早く子育てから解放されたい!

そんな気持ちの方が、このサイトを見てくださることがよくあります。

そこで、今日は早く子どもが自分のことを自分で決められるようになり、あなたがイライラから解放されるヒントをご提案します。

それは、少なくとも小学生までは、子どもの育つ環境を親が決めてあげることです。

え?

それでは、自分で自分のことを決める練習が足りないのでは?

ずっと親に依存して、いつまでも自分のことを決められなくなるのでは?

そう思われるかもしれません。
でも、私は逆だと思います。

早いうちから自分で決めることばかり要求すると、かえって子どもは、いつまでも親や他人に判断を委ね続けてしまうのです。

最近、子どもの自主性を育てるという、耳触りのいいお題目のために、子どもが自分で決めたことを尊重すべき、という考え方があるようです。

しかし、それはまだ幼い子どもに決断の責任を投げていることになるのです。

もちろん、程度の問題はあります。
今日の晩ごはん、何がいい?
というような「決断」ならいいでしょうが、中学受験や最近は小学校受験も子どもに決めさせようとする方もいらっしゃいます。

確かに自分で決心したことなら、頑張れるものですが、そもそも受験勉強なんて、幼稚園児は当然、小学生だってしたいものではありません。自分の意思でできなくて当たり前ですよね。

しかも、受験の場合、自分でした決断だけに、落ちてしまうと、子どもにとって、倍以上のダメージに感じられるでしょう。

だから、少なくとも小学生までは、親御さんが親御さんの責任で、子どもの育ちの環境は決めるべきです。

小学生のうちに、心の根っこを固いものにしてしまえば、中学生以降に、安心して自分自身の行きたい方に進むことができるようになります。

私は進学や塾選び、習い事の分量など、いろいろなお話を伺ってきました。

何が必要で、何がいらないか。

何がわが子に合うのか。

判断はとても難しいと思います。
迷って当然です。

でも、決めるのは、あなたです。
もちろん、私でよろしければ、喜んでお話を伺います。お気軽にお問い合わせください。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。







ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に