落ち着きのない子に国語の力をつけたいならココ!

国語の力をお子さんにつけたいお母さんにオススメの図書館をご紹介します。

上野にある「国際子ども図書館」です。
http://www.kodomo.go.jp

何がオススメかというと、子どもの部屋という開架図書コーナーが楽しいのです。

さすが、国際子ども図書館というだけのことはあります。

手に取りたくなるような本を、手に取りたくなるような置き方で置いてあるので、子どもたちは自然と夢中になれます。

しかも、落ち着きのないお子さんのお母さんも安心!
静かにしなくてもいいのです!
抜き足差し足で、足音を気にしなくてもいいのです!

私、子どもに静かにするように言ったら、かえって、司書の方に叱られたぐらいなんです。

これって、図書館には、行きたいけれど、迷惑をかけたくないから、というお母さんには安心材料ですよね。

実は、この国際子ども図書館は、国立国会図書館の児童書専門版なのです。

収集・記録を目的とした国会図書館と違い、子どもたちを引きつける魅力がいっぱいの国際子ども図書館。

建物は明治時代に建てられた旧帝国図書館を使用していて、建物だけでも、見に行く価値ありです。

また、図書館にはカフェテラスもあり、リーズナブルなランチも可能。さらにテラス席にはお弁当の持ち込みも一部可能なので、安心です。

また、歩いてすぐのところに、上野動物園がありますから、本に飽きても大丈夫。パンダを見れば、元気いっぱいでしょう。

そんな国際子ども図書館、もちろん入場は無料。
事前予約の必要もありません。
(ちなみに、上野動物園は、子どもだけが無料です)

本を読みなさい、と何回も言うより、思わず手に取りたくなる環境に子どもを置いてあげることの方が、本を好きにできると思います。

そして、楽しく国語の力をつけられるのではないでしょうか。




ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に