お子さんの心を軽くする大きなヒント 「解釈」を変えてみませんか?

何か出来事が起きた時の「解釈」を変えることで、トラブルの多くは解決できるのです。


私は教室で、数々のケンカやトラブルと向き合ってきました。

はじめのうちは、当事者の話を聞き、


「こういうことはしてはいけないよ」


とか、


「我慢しなさい」


とか、私の判断を結局は押し付けていたのです。

多くの子どもは、やはり、先生に言われたことですから、表面的には、

収まることも多いのですが、繊細な子は、当然、納得がいきません。


そういう「おしつけ解決」を乗り越えようと、いろいろな方法を試していたのですが、

ある時、行為そのものではなくて、その行為をどう解釈しているかのズレが

ケンカの元になっていることに気づいたのです。


この考え方は、心理学者エリスの唱えた「心のABC理論」そのものでした。


そうか…

解釈のズレを修正していくことを目的にすればよかったのか!

私に、そういう軸ができたのです。


もちろん、トラブルが根深い時には、そう簡単に解決はできません。

が、トラブルになった過程が見えてくると、何より、私自身が安心できるようになったのです。


「先生が安心している」


このことは、とても重要です。先生が教室で安心していれば、結局、子どもも安心できます。


ひどいケンカになっても、少し時間がたつと、


「○○くんにだって、いいところあるよね」


なんて、もめた相手のことを言い出したりすることにたくさん出会いました。


教室でさえそうなのですから、お母さんが家の中で、安心していることは、

子どもの心に、とても大きな影響を与えます。


今、あなたの悩んでいること、あるいはイライラしていることについての解釈は、

本当に的を射たものなのですか?ご自身の思い入れが入り込んでいませんか?


親子関係の濃さは、簡単に整理のつくものではありません。

ですから、急に思い入れをなくすなんてことはできませんし、してもいけません。

でも、ご自身の解釈を一度、確認してみることは、誰よりもお母さんの気持ちを楽にする

ことにつながることもあります。ぜひお試しください。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に