本当に必要なのは、評価ではなくて、確認なんです。

子どもを本当の意味で伸ばしたいと思ったら、必要なのは、評価ではなく、確認なんです。


4月26日付ウォールストリートジャーナル日本語版に、こんな記事がありました。


「勤務評価は逆効果?社員の士気損なうケースも」

http://jp.wsj.com/articles/SB11702692451560034542404580603371379484964


社員からは、評価に公正さがあるかないか、あるいはその評価が適正であるかどうか、

不満の声も多いのだと言います。


私は現役教師ですから、通知表に評価もつけています。

ですから、評価に対して、される方の立場に立てば、そう単純なものではないことも承知しているつもりです。


皆さんは、いつも低い評価になる子のフォローややる気の維持が大切だ、と思われるかもしれません。

確かにそうです。


しかし、評価のよい子にとっても、モチベーションの源が評価の良し悪しだとすると、

それは、本当の意味で力をつけることにはならないのです。


ですから、評価は慎重な姿勢で、腹を決めておこなわなくてはなりません。


そこで、私は、「確認」することの価値を提案したいと思います。


思い出してみてください。

1年生や2年生ぐらいまでの子は、何かをやろうとすると、決まって、


「ねえ、見てて!」


と言いますよね。

評価の良し悪しなんて、求めていないのです。

特に、やる気のある時は、見ててさえくれればいいのです。

不用意に評価をすると、かえってやる気をなくしてしまいます。


必要なのは、


・がんばっている、少なくとも、がんばろうとしているあなたのことを見ていたよ


ということなのです。

子どもが見ていてくれたことに安心したら、自分から、


「どうすればいいの?」


と聞くことができるようになります。

それから、あれこれ口出しをする方が、素直に聞くことができます。


親心としては、


・早くできるようにしてあげたい

・できないことで、からかわれたり、いじめられたりしないようにしてあげたい


と思い、焦ってしまうのです。それは当然のことです。

でも、そこをぐっとこらえて、黙って見守ってみてください。

そして、


「がんばっていたね」


と声をかけてみてください。

子どもは、そういうお母さんの気持ちに安心して、さらにがんばれます。


今日も最後まで、読んでくださり、ありがとうございました。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に