社会科を伸ばしたければ、飛行機に!?

飛行機に乗ると、社会科の力を伸ばすことができます!


それは、地形をよく理解できるからです。


私は生まれも育ちも東京ですが、母は四国は香川の出身だったので、

子どもの頃から、帰省のため、飛行機に乗ることが結構ありました。


例えば、羽田を出て高松に向かう場合、離陸後、旋回しながら上昇

します。


その時、まずは、東京湾〜川崎〜横浜の工業地帯がよく見えます。

教科書や参考書で読む「京浜工業地帯」を実際に見る、というのは、

とても記憶に残ることです。


そのうち、住宅街が広がっていることが見え、気づくと、もう山に

入っています。


高松に向かうなら、左側の窓側がオススメです。

今までの経験では、富士山の山頂上空をかすめて、西に向かいます。

富士山登山はまだ挑戦していない私ですが、その上空数千メートルは、

何度も経験しました!


山の上を飛ぶ時は、谷に広がる集落、盆地とはどのようなものか、

など、地理の勉強になります。


もし、大阪に用があるなら、あえて伊丹空港を使うのもオススメです。

大阪城を間近に見た後、まるで家の中に降りていく感覚で着陸していくのは、

おもしろいと同時に、公害問題を実感できることにもなります。


ということで、もし、社会科を伸ばしたいと思ったなら、飛行機に

乗ることをオススメします。


旅が早く、快適になり、旅情が失われたかもしれませんが、

上から見下ろすことで実感、体感できることが、理解を深めることも

多いと思います。



ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に