兄弟ゲンカの絶えないご家庭のお母さんへ 解決するヒント


ただでさえ忙しいお母さんにとって、兄弟ゲンカの仲裁は、ひどく

心のエネルギーを使うものでしょう。


そこで、今日、ご提案するヒントは、


「意味付け」や「指導」


をしない、ということです。


子どもの言い分は、多分に自分本位です。

それが、ひどく「ワガママ」なことに聞こえます。他人には…


ですから、お互いの言い分を聞いているうちに、


「そうじゃなくて、こうだよ」


と否定&指導をしたくなってくるのです。


でも、それを言われてしまった子どもは、自分の気持ちをくんで

もらえていませんので、同じようなトラブルを繰り返すことになります。


ですから、急がば回れで、言い分は全て語ってもらう必要があります。

その上で、こう聞いてみてください。


「じゃ、どうする?」


多くの子は、自分のよくなかったところは、なんとなくでも、わかって

いるものです。


でも、素直になれない…しかも、人に言われるのはイヤ…


それなら、次はこう言いましょう。


「どう手伝おうか?」


これは、「勝手にしなさい!」「もう知りません!」と突き放すのではなく、

自分のこととして、自分で考えた上で、手伝ってあげるよ、という言葉です。


こういう言葉を使うことで、子どもは自分の気持ちを自分なりに考えたり、

表現したりする練習ができます。


そして、何より、自分はトラブルも含めて、大人に守られている、という

感覚を与えることができます。


ぜひ、次のケンカでは、


「どうしたの?」の一言で仲裁を始め、一息ついたら、


「じゃ、どうする?」の一言で、幕引きに入りましょう。


それでも入れなかったら、


「どう手伝おうか?」と聞いて、サポートしてあげてください。

きっと、少しずつでも、子どもたちの視野が広がることにつながります。


最後まで、ありがとうございました。



ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に