お母さん! あなたは、ご自身の「らしさ」を活かしていますか?

「子どものため」、「家族のため」と、ご自身の「らしさ」にフタをしていませんか?


子どものために、ご自身の「らしさ」にフタをしてしまうことは、かえって子どもにプレッシャーをかけることになります。


つまり、子どもたちは安心して、自分の本当にしたいことに向かえなくなってしまうのです。


ですから、お母さん。

あなたが、先にご自身の「らしさ」を活かした方がいいと私は思うのです。


なぜなら、大人が先に自分らしく、イキイキしているからこそ、子どもたちは安心して、いろいろなことに挑戦ができるからです。


大人を見本にして、自分らしさを認めることができるのです。


私が教室で、もっとも大切にしたいと思っていること、それがまさに、子ども一人一人の「らしさ」をどう活かすか、ということです。


子どもたちがお互いの人柄を理解し、みんなに居場所のある状況になると、子どもたちは自然と笑顔になり、勉強にも取り組めるようになります。


「らしさ」が活きると、毎日が楽しくなるのです!


ということで、今日から、「らしさ」を活かすヒントブログを始めます。


現役私立小学校教員だからこその情報やヒントを書かせていただくとともに、私自身が自分のらしさを活かすためにどんなことに挑戦したかも書かせていただこうと思います。


明日は、「らしさ」を認める言葉かけについて記事を書きます。

ぜひ、読みに来てください!

お待ちしています。


ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に